TOPICS
大会
2016.10.19

ソフマガ秘蔵写真! 小林幸司の『初代表』はシングルス! 「国際大会また出たい」 

第8回アジア選手権カウントダウン企画◆小林幸司(ミズノ)

関連キーワード:

目前に迫る第8回アジア選手権大会。7度の国際大会出場経験を持つ小林幸司だが、彼にも『初めて』があった。

%e2%91%a2%ef%bc%93%e4%bd%8d%e3%83%bb%e6%97%a5%e6%9c%ac

2004年の日本代表メンバー。右が小林

小林の初めての国際大会は、2004年の第5回アジア選手権。アジア15の国・地域から約200人の選手がタイの古都・チェンマイに集い、中堀成生/高川経生、花田直弥、川村達郎らの社会人選手に、菅野創世(当時明治大)と当時日本体育大2年の小林の2学生が日本を背負った。

日本男子は国別準決勝で中華台北の壁に阻まれ3位に甘んじたが、小林は2度シングルスに登場。初めての大舞台でも伸び伸びとプレーし「国際大会、また出たいです」とコメントを残した。

高校3年生や大学1年生とフレッシュなメンバーもそろう今季日本代表メンバー。8回目の国際大会に臨む小林が牽引する日本男子にはもちろん、ベテラン・小林の背中にも注目したい。

%e2%91%ab%e6%ba%96%e3%80%85%e6%b1%ba%e5%8b%9d%e3%83%bb%e5%b0%8f%e6%9e%97

2004年のアジア選手権当時、小林は日本体育大2年生。高校時代の日韓中出場経験を活かしてプレーしたという

写真◎川口洋邦 文◎ソフトテニス・マガジン編集部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』