TOPICS
プレー&コラム
2016.10.20

ソフトテニス用語集「引っ張り・流し」

ルールブックにのらないソフトテニス用語の世界

関連キーワード:

引っ張り・流し

【ひっぱり・ながし】

意味

相手が打ってきたボールを、角度をつけて返球すること。右利き&フォアハンドの場合は、右ストレートで打ち合っていたボールを正クロスに打てば引っ張り、左ストレートで打ち合っていたボールを逆クロスに打てば流し。右利き&バックハンドの場合は、右ストレートで打ち合っていたボールを正クロスに打てば流し、左ストレートで打ち合っていたボールを逆クロスに打てば引っ張りである。
 つまり、飛んできたボールをラケットで長く引っ張って角度を変えるのが引っ張り、ラケットで押して角度を変えるのが流しだ。
[補足]引っ張り・流しは、もともとは野球用語で、右打ちのバッターがライト方向に打つことを流し打ち、レフト方向に打つことを引っ張り打法という。
ソフトテニス用語で最も誤用が多いのが、この流し・引っ張りである。正クロスで打ち合って「引っ張り」、逆クロスで打ち合って「流し」という人がいるが、コートの角度をズラしてみれば、ストレートで打ち合っているのと同じこと。
 また、左ストレートで打ち合っていて、ボールがミドル側にずれて「流しが得意」という人がいるが、単に打点が送れてシュート回転がかかり、コースが変わっているだけ。意図があって、角度を変えての返球でなければ、引っ張り・流しとは言えない。
stm15-9-1

stm15-9-2

stm15-9-3

stm15-9-4

編者 ソフトテニス研究会+編集部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』