TOPICS
大会
2016.10.21

ソフマガ秘蔵写真 「緊張はしなかった」森田奈緒の銅メダルと涙

第8回アジア選手権カウントダウン企画◆森田奈緒(ヨネックス)

関連キーワード:
2014年のアジア競技大会、国別対抗の決勝3番勝負で韓国に敗れ、立ち尽くす森田/山下

身体への負担が大きいハードコートでの連戦で、声をからしながら駆け回り、持ち味のシュートボールを放ち続けた最年少の森田。「緊張はしなかった」と初の国際大会を振り返った
ソフトテニス・マガジン2014年12月号

011morita_08154
目前に迫る第8回アジア選手権大会。3度目の国際大会を迎える森田奈緒の『初めて』は――。

2014年のアジア競技大会、国別対抗決勝vs韓国。1番の小林奈央/森原可奈がキム・ジオン組に敗れたものの、2番シングルスで大庭彩加がキム・ボミに一矢報いる。前日に日本勢唯一の個人戦でメダル(銅)を獲得した森田奈緒/山下ひかるに勝負が託された。だが、韓国のエースであるキム・エーギョン/ユン・スジョンの牙城を崩せず、G2-⑤で敗戦。日本は銀メダルに終わった。アジア競技大会はソフトテニス界で最も格式の高い大会であり、日本からは実業団チームの垣根を越えてヨネックス、NTT西日本広島、東芝姫路、ナガセケンコーの応援団が駆けつけていた。試合終了後、日本代表女子チームの全員が、コートの上で人目を憚らず涙を流した。

001men_womentk_08306

2014アジア競技大会の国別で日本チームは男女とも銀メダル。表彰式では笑顔が戻った。前列右が山下、右から2人目が森田

翌2015年の世界選手権、2度目の国際大会に挑んだ森田/山下は日本代表の大将ペアとして個人戦で銀メダルを獲得、団体では銀メダル。2015年度でペアの山下が引退し、神谷絵梨奈と日本代表予選会を勝ち取って、森田は3度目の国際大会に臨む。所属するヨネックスがホームとしている千葉で、森田の笑顔が見られるか。

写真◎高原由佳 文◎ソフトテニス・マガジン編集部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社