TOPICS
プレー&コラム
2016.10.27

ソフトテニス用語集「アレーゾーン」

ルールブックにのらないソフトテニス用語の世界

関連キーワード:

アレーゾーン

【alley zone】

意味

サイドラインとサービスサイドライン間の1.37メートルの細長いゾーンのこと。alleyとは英語で、小道や狭い通りの意味。硬式テニスのルールブック『ルールオブテニス』に「alley」と記されている。
[補足]「アレーゾーンにボールを落とすのが有利」と一般に言われている。試合中、甘いコースに返していると、監督から「アレーゾーンを狙っていけ」という指示が出たりする。「2本線」や「廊下」「1.37」という人もいる。

編者 ソフトテニス研究会+編集部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』