TOPICS
大会
2016.10.29

女子日本代表で最年少、東芝姫路2年目の大型前衛・泉谷が語る初のアジア挑戦「自分の力が通用するか楽しみ」

第8回アジア選手権日本代表インタビュー◇泉谷朋香(東芝姫路)

関連キーワード:

優れた身体能力と長身、勝負強さを期待され名門社会人チーム・東芝姫路の門をたたいた泉谷朋香。ルーキーイヤーは試練の季節になった。練習への取り組みなど、まず自分を見つめ直して臨んだ2年目の2016シーズン。日本代表に初選出され、10月の国体では2014年全日本実業団以来の団体タイトル獲得に貢献した泉谷が、今度はアジアに旅立つ。女子日本代表チームで最年少の大型前衛が語る、初めての国際大会への思い。

「これ、自分にもできるんちゃうか」代表で戦術の考え方が広がった

昨年(2015シーズン)は、社会人1年目。
その時々では、自分自身で(調子が)悪いなとは思っていませんでした。ただ、国体予選で負けた経験は大きかった。先輩たちにとってもブロック敗退は初めてのこと。シーズン後にまず自分個人を振り返って。やっぱり、調子は良くなかったんだと思い直しました。力を出しきれていない、結果を出せていない。今年(2016年)は『自分のすべきこと』をきちんとやっていこうと思って迎えました。
自分がやるべきこと。
たとえば、トレーニングです。高校時代はトレーナーさんもいて、自然にメニューをこなせていたのですが、社会人に入るまでの期間や、入ってから、それまで積み上げてきたものが落ちていっていた。
今年は代表に入ることができたので、代表のトレーナーに渡されているメニューがあって、それを先輩方と一緒に毎日するようになりました。練習が終わって、チームでやる体幹トレーニングがあって、そのあとですね。身体が変わると、テニスは変わります。一番感じるのは、試合の入りの瞬発的な動き。前衛なので、瞬間の動きが大事なのですが、今は入りから身体がよく反応してくれます。今年になって感じた効果ですね。

s-man_0816

アジア選手権の日本代表には、東芝姫路から泉谷、森原可奈、深澤昭恵が選出されている。泉谷は女子日本代表で最年少であり、代表選出6度目の森原、代表初選出だが国内での実績豊富な深澤の真摯な取り組みから多くを学んでいる

日本代表は田中監督(弘)、高川コーチ(経生)、2人とも前衛で日本代表。「考え方が、違うなあ!」と、感じます。例えば、これまで私が思っていた「戦術」は少し狭いのかもしれない。考え方が広がることは、私にとって楽しいことです。「これ、自分にもできるんちゃうかな」と思えることもあるので。
国際大会は、その怖さをいろいろと聞かされるのですが、自分のレベルがどこまで通用するのか、試したい、楽しみな気持ちがあります。
初めて出場するのでライバルといえる選手はいませんが、日韓中で一緒になった韓国の後衛の方(かた)が代表に入っていて(ムン・ヘギョン)、韓国代表が千葉に練習合宿に来ていたときに、コートですれ違って、向こうから声をかけてくれました。
同い年なので意識はします。負けたくないなと思います。

s-01dsc_4543

profile
いずたに・ともか●1996年8月15日生まれ、大阪府出身。岸和田ジュニア(小1~)→昇陽中→昇陽高→

東芝姫路2年目。前衛。

 

>>泉谷朋香インタビューの全文は現在発売中のソフトテニス・マガジン12月号に掲載

 

 

 

 

 

写真◎川本学、江見洋子 構成◎成見宏樹(ソフトテニス・マガジン編集長) 取材日◎2016年10月11日

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社