TOPICS
プレー&コラム
2016.11.10

ソフトテニス用語集「サイド抜き」

ルールブックにのらないソフトテニス用語の世界

関連キーワード:

サイド抜き

【―ぬき】

意味

相手前衛の横をストレートで抜くこと。ストレートパッシングとも言う。「サイド抜き」の基本的なコースの定義は、相手前衛の横でなおかつ、相手後衛のない側(サイド)を狙って打つ(抜いていく)こと。
[補足]クロスで抜くのはクロスパッシングであり、クロスまたは逆クロスで後衛同士がラリーしているときに、前衛をストレートで抜くのがサイド抜きである。なお、相手後衛がいる方から、センターマーク方向を狙って打つことを『ミドル抜き』と言う。

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%91%e3%82%b9

編者 ソフトテニス研究会+編集部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』