TOPICS
大会
2016.11.20

【アジア選手権】11/20国別対抗 中華台北を破った男子が韓国との決勝へ!

アジア選手権4日目最終日 国別対抗途中経過

関連キーワード:
シングルスで登場しG④-0の増田健人

11月17日に競技がスタートした第8回アジア選手権(千葉県千葉市・フクダ電子ヒルスコート)。最終日の20日は国別対抗(団体戦・2複1単)が行われている。

男子準決勝は、2015年世界選手権の決勝で戦った中華台北との対戦となった。1番、準々決勝に続き船水颯人/長江光一のペアリング。陳宗ウェン/余凱文に1ゲーム先取されたが、G2-2、G4-3と競って最後は長いデュースを粘り、G⑤-3でものにした。続くシングルスも準々決勝と同じく増田健人。増田がG④-0で杜シェンハンを抑えて日本は決勝へコマを進めた。

船水颯人(奥)/長江光一(手前)

船水颯人(奥)/長江光一(手前)

国別対抗
●男子準決勝
日本 ②-0 中華台北
船水颯人/長江光一 ⑤―3 陳宗ウェン/余凱文
増田健人      ④-0 杜シェンハン

韓国 ②-0 インドネシア

●男子決勝
日本vs韓国

写真◎川口洋邦


映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社