TOPICS
大会
2017.01.26

2017年度ナショナルチーム発表! 林田リコがメンバー入り

シノコバはメンバーから外れる

関連キーワード:
ナショナルチーム初選出の林田リコ

女子は7人が新メンバー

1月25日に2017年度ナショナルチームおよび全日本アンダーチームのメンバーが発表された。アジア選手権が開催された昨年度は45人(男子23人、女子22人)の選出だったが、今年度は男子16人、女子20人の選出となった。今年度は4大国際大会は開催されず、2018年アジア競技大会(インドネシア・ジャカルタ)を見据えての強化が行われる。

男子は、NTT西日本広島加入1年目の大型前衛・林大喜(上宮高→同志社大卒)が初のナショナルメンバー入りを果たした。昨年のアジア選手権ダブルス銅メダルの篠原秀典/小林幸司(日体桜友会/ミズノ)はメンバーから外れている。

女子は、全日本選手権Vの志牟田智美/地中葵(神戸松蔭女子学院大)、全日本選手権準Vの若田実友子(東芝姫路)、どんぐり北広島から榎本有花田辺恵理半谷美咲、全日本シングルス2位&高校3冠(インハイは個人も優勝)の林田リコ(文大杉並高)が新たにナショナルメンバーに。昨年U-17の貝瀬ほのか(和歌山信愛高)は2014年度以来、3年ぶりのナショナル復帰となった。

スタッフ陣では、男子の中堀成生コーチが監督に昇格。男子監督の斎藤広宣氏は女子監督に、男子トレーナーの川上晃司氏が女子トレーナーに就任している。

今年度は、ナショナルチームで合宿を2度行い、その後は日本代表候補合宿として少人数の合宿が数回行われる予定だ。日本代表候補メンバーは代表監督が合宿ごとに毎回選抜し、ナショナルに限らず、U-20、U-17、U-14の選手も対象となる。

2017年度ナショナルチーム
男子

船水   颯人(早稲田大)
星野   慎平(早稲田大)
水澤   悠太(NTT西日本)
長江   光一(NTT西日本)
村上   雄人(NTT西日本)
林   大喜 (NTT西日本)NEW
船水   雄太(NTT西日本)
九島   一馬(ミズノ)
増田   健人(和歌山県庁)
上松   俊貴(岡山理大附高→早稲田大)
桂    拓也(和歌山県庁→ヨネックス)
髙月   拓磨(ヨネックス)
安藤   優作(早稲田大)
安藤   圭祐(早稲田大→東邦ガス)
内本   隆文(早稲田大)
丸山   海斗(明治大)

女子

志牟田 智美(神戸松蔭女子学院大)NEW
地中    葵(神戸松蔭女子学院大)NEW
若田 実友子(東芝姫路)NEW
泉谷   朋香(東芝姫路)
榎本   有花(どんぐり北広島)NEW
田辺   恵理(どんぐり北広島)NEW
中川   瑞貴(ナガセケンコー)
小林   美咲(どんぐり北広島)
徳川   愛実(ヨネックス)
黑木 瑠璃華(ヨネックス)
平久保 安純(早稲田大)
佐々木 聖花(早稲田大)
林田   リコ(文化学園大学杉並高)NEW
半谷   美咲(どんぐり北広島)NEW
小谷 菜津美(ダンロップ)
大槻     麗(ダンロップ)
森田   奈緒(ヨネックス)
神谷 絵梨奈(ヨネックス)
松本 英里佳(ワタキューセイモア)
貝瀬 ほのか(和歌山信愛高→ヨネックス)

アドバイザー
神崎   公宏(三重高)

男子スタッフ
監督:中堀   成生(NTT西日本)
コーチ:川村   達郎(宇部興産)
トレーナー:田中   京介(せんだメディカルクリニック)

女子スタッフ
監   督:斎藤   広宣(松戸市役所)
コーチ :高川   経生(ヨネックス)
トレーナー:川上   晃司(スポーツインテリジェンス)

※2017年4月からの所属を追記しました。

しむたとちなか

全日本選手権優勝の志牟田/地中がナショのメンバーに

>>2017年度全日本アンダーのメンバーはこちら

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社