TOPICS
インフォ
2017.01.27

第5回 STMアワード投票開始!今年度のベストプレーヤーは誰だ!?

10年先も記憶&記録に残る、2016シーズンの顔は?

関連キーワード:

年度(シーズン)の顔となる選手・ペアを選考し、誌上表彰する「STMアワード」。第5回選考の投票を募集します。アワードの目的は、2016年度の選手、関係者の奮闘をたたえることです。シーズンごとの「顔」を記録し、積み重ね、未来に伝えていきたいと考えています。
過去には、長江光一(第1回)、上原絵里&杉本瞳(第2回)、大庭彩加(第3回)、船水颯人(第4回)らがプレーヤー・オブ・ザ・イヤーを獲得。今年は、日本勢の活躍が記憶に新しいアジア選手権出場組が票を集めるのではないでしょうか。
みなさんの、幅広いご意見をお待ちしております。

ソフトテニス・マガジン編集部

選考方法

基礎投票

読者投票&識者投票
本誌読者と、本誌依頼の15名(予定)の投票者による。読者投票は全読者対象。本誌依頼者は、国内大会、国際大会の現場を知るメンバー。それぞれに投票理由を明記。

最終選考

読者投票、識者投票の結果を参考に、ソフトテニス・マガジン編集部による座談会で決定。大賞全体において今年度の「顔」となるメンバーを選定。

各部門受賞者決定! 5月号掲載

締め切り=2017年3月5日(日)必着

歴代受賞者

プレーヤー・オブ・ザ・イヤー ベスト・ペア男子 ベスト・ペア女子 ベスト・チーム男子 ベスト・チーム女子 ベスト・コーチ モスト・プロミッシングプレーヤー
第1回 長江光一 篠原秀典/小林幸司 上原絵里/阿部悠梨 NTT西日本広島 ナガセケンコー 高川経生 増田健人
第2回 上原絵里

杉本 瞳

篠原秀典/小林幸司 上原絵里/阿部悠梨 NTT西日本広島 東芝姫路 川上晃司 森田奈緒
第3回 大庭彩加 水澤悠太/長江光一 佐々木舞/大庭彩加 NTT西日本広島 NTT西日本広島 堀 晃大 船水颯人
第4回 船水 颯人 篠原秀典/小林幸司 森田奈緒/山下ひかる NTT西日本広島 和歌山信愛高 斎藤広宣 該当者なし

2016年度のプレーヤー・オブ・ザ・イヤーは誰の手に!?

今年度の主要タイトル獲得による有力候補、また主要大会の戦績は以下のとおり。しかし!ここに掲載されていない選手への投票ももちろん可能です!「おいソフマガ、あの選手忘れてんじゃねーぞ」というツッコミともども、投票をお待ちしております!

pickup!

増田健人(和歌山県庁)

増田健人(和歌山県庁)
全日本シングルスで代表権を勝ち取り、国別優勝の立役者に。キム・ドンフンにシングルス2勝は鮮烈。

船水颯人(早稲田大)上松俊貴(岡山理大附高) アジア選手権ダブルスで植松と組み、金メダル。上松は、高校生初の国際大会金メダリストに。

船水颯人(早稲田大)上松俊貴(岡山理大附高)
アジア選手権ダブルスで植松と組み、金メダル。上松は、高校生初の国際大会金メダリストに。

林田リコ(文大杉並高) 全日本シングルスで高校生初の決勝進出。高校3冠(個人もV)、アンダーの大会でもタイトルの山を築く。

林田リコ(文大杉並高)
全日本シングルスで高校生初の決勝進出。高校3冠(個人もV)、アンダーの大会でもタイトルの山を築く。

2016年度 主要大会戦績

画像を拡大してご覧ください。
→PDFでご覧になる場合はコチラ
主要大会戦績一覧

投票ボタン
ソフトテニス・マガジン編集部


映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社