TOPICS
全日本/総合
2017.01.29

【全日本インドア】増田健人/柴田章平が初優勝!

女子は、どんぐり北広島の高橋乃綾/半谷美咲が東京インドアに続く女王に

関連キーワード:

1月29日(日)、大阪市中央体育館にて『第62回全日本インドア選手権大会』が開催された。今シーズンを締めくくる日本最高峰のインドアには、2016年度の全日本選手権上位4組と、全日本社会人、全日本学生および東・西日本選手権の各優勝ペアに加え、日本連盟の推薦ペアと開催地1ペアを合わせた男女24組が出場。男女とも3組の予選リーグを行い、1位が決勝トーナメントで争った。

前々回でも決勝の舞台に立ったが、2位に終わった増田/柴田。今大会の優勝インタビューで「勝因は気持ち」と振り返った2人の言葉通り、決勝でG2-3リードされてからの3G連取は見事だった

男子は、増田/柴田(和歌山県庁/同志社クラブ)と稲積/井口(氷見市協会/スマッシュイグチクラブ)の決勝。増田/柴田のG2-0リードから稲積/井口の反撃でG3-3にもつれたが、柴田が「受け身に回らず、自分たちから先に攻める」と話したように、気持ちを引き締め直すと一気に勝負を決めた。同志社大時代から組む2人がうれしい初タイトルを獲得した。

 

2016年12月の札幌インドア優勝で弾みをつけると、東京インドア、そして全日本インドアとインドアタイトルを総なめにした高橋(左)/半谷。どんぐり北広島の中本裕二監督と一緒に笑顔の一枚

女子はどんぐり北広島の高橋乃綾/半谷美咲がヨネックスの柿崎あやの/黑木瑠璃華をファイナルの末に下して頂点に。2016年12月の札幌インドア、そして2017年1月の東京インドアに続く栄冠獲得に笑顔を見せた。

半谷は優勝を決めた後、「調子が悪かった」と語り、さらにペアの高橋は「リーグ戦ではなかなかスマッシュが決まらず苦しんだ」と振り返ったが、不調の中でも2人は持ち味の攻撃型並行陣を貫いた。ミスを恐れない、その気持ちの強さでつかんだ優勝だった。

女子優勝の高橋乃綾(左)/半谷美咲(どんぐり北広島)

予選リーグと決勝トーナメント詳細結果は下記の通り。

全日本インドア 男子結果

優勝:増田 健人/柴田 章平(和歌山県庁/同志社クラブ)
2位:稲積 京之介/井口 雄一(氷見市協会/スマッシュイグチクラブ)
3位:宮下 裕司/花田 周弥(姫路アニマルズ)、篠原 秀典/小林 幸司(日体桜友会/ミズノ)

決勝スコア

増田 健人/柴田 章平 ⑤-3 稲積 京之介/井口 雄一

準決勝スコア

増田 健人/柴田 章平 ⑤-3 宮下 裕司/花田 周弥
稲積京之介/井口 雄一 ⑤-0 篠原 秀典/小林 幸司

 

全日本インドア 女子結果

優勝:高橋 乃綾/半谷 美咲(どんぐり北広島)
2位:柿崎 あやの/黑木 瑠璃華(ヨネックス)
3位:若田 実友子/泉谷 朋香(東芝姫路)、中川 瑞貴/濱村 紗和(ナガセケンコー)

決勝スコア

高橋 乃綾/半谷 美咲 ⑤-4 柿崎 あやの/黑木 瑠璃華

準決勝スコア

高橋 乃綾/半谷 美咲 ⑤-0 若田実友子/泉谷 朋香
柿崎あやの/黑木瑠璃華 ⑤-3 中川 瑞貴/濱村 紗和

予選リーグ結果

FullSizeRender

 

文◎井口さくら 写真◎江見洋子 協力◎大阪府連盟

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』