TOPICS
プレー&コラム
2017.03.23

練習は量よりも質。どれだけ充実した一日を過ごせるかで差がつく

【WEB連載】船水颯人『JKTへの道』#10 早稲田大の新シーズンと日々の練習

関連キーワード:

船水颯人は4月から早稲田大の3年生になる。2015年4月、兄・雄太が主将を務める早稲田大軟式庭球部の一員となり、4年生の練習への取り組みから多くを学んだという。「1年生はプレッシャーを感じずに自由にプレーしてほしい。重圧は僕らが背負う」。今年1年生になるすべての人に響く、船水先輩からのメッセージ。

ソフトテニスマガジン・ポータルでは、船水颯人の2018年ジャカルタ(JKT)アジア競技大会に向けた取り組みをインタビュー連載で追っていく。船水颯人『JKTへの道』第10回は、早稲田大での新シーズンと日々の練習について。

船水颯人/ふねみず・はやと 1997年1月24日生まれ、20歳。青森県出身。身長170㎝、右利き、後衛。黒石烏城クラブ(小1)→黒石中→東北高→早稲田大3年(4月~)

兄たちを「勝たせてあげたい」

――2017年度、早稲田大はインカレで6連覇という記録が懸かっています。
※2016年度のインカレで早稲田大は男子史上初の5連覇を達成。なお女子は2009年度、東京女子体育大の7連覇が最多。

もちろん、勝ちたいという気持ちはあります。ただ、それを強く持ちすぎるのはよくないです。いつも言っていることですが、緊張を和らげるためにも、肩の力を抜くことは必要だと思っています。

今年は下級生メンバーが中心になってくると思うので、試合に出る選手は責任を持たないといけません。公式戦に出る人、出ない人はいると思いますが、チームメート同士、信頼し合えるように、普段の練習から意識していきたいです。コートに立てない人が「この選手だったら任せてもいい」と思えるようにしないといけない。

――船水選手は、どのような気持ちでコートに立っているのですか。

早稲田大のチームとしては、最上級生の代を勝たせたいという思いで戦っています。僕が1年生のときは4年生に主将の兄(船水雄太)がいました。一緒のチームで戦うのは初めてだったこともあり、「勝たせてあげたい」という気持ちは強かったです。

実際に4年生の練習への取り組みなどを見ていると、そういう思いは強くなりました。この気持ちは、今も変わりません。

s-HID_0128

2015年3月、ソフトテニス・マガジン2015年5月号の取材で兄・雄太(左)と表紙カット撮影中のヒトコマ 写真◎井出秀人

「3年間しかない」という気持ちで取り組む

――船水選手自身は、どのように練習に取り組んでいるのですか?

量よりも質が大事です。単純に練習量を増やせばいいというわけではない。「練習の質を上げるためにはどうすればいいのか」と考えることが、最も大事だと思います。何事も、考えて、実行しないと。

練習も工夫が必要です。大学は4年間しかありません。本当に無駄な時間はないんです。一日一日が勝負。それは高校、中学も同じです。「3年間ある」ではなく、「3年間しかない」という気持ちで取り組んだほうがいい。どれだけ充実した一日を過ごせるかどうかで、差はつきます。

学生生活ではいろいろと誘惑もあると思いますけど。もちろん、息抜きは必要ですが、テニスコートに立てば、気持ちを切り替えないといけません。僕の場合、自分の世界に入っています(笑)。

――テニスコートに来て、すぐに頭を切り替えられるのですか?

テニス以外に欲がなくて(笑)。それでも、充実していますよ。大学に入ってから、特にテニスを楽しめています。

――ストイックな取り組みはチームにも伝播しますか?

「見ている人は、見ている」と思っています。そういう人が増えてくれば、チームの状態も良くなります。単純に「声」を出せばチームの雰囲気が締まるかと言えば、そうではないと思います。言葉にしなくても、伝播していくものはあります。

早稲田大の強さは、そういう人たちの集まりだからです。目標を高く持ち、それぞれが努力しています。だから僕も、この大学を選んだんです。

――今年は上松俊貴(岡山理大附高)、内田理久(三重高)といった有望な1年生が入ってきます。

僕の個人的な意見ですが、1年生にはプレッシャーを感じずに自由にプレーしてほしいです。重圧は僕らが背負います。大学に入って、環境が変わると、きっと迷いも出てくるでしょう。少しでも不安を軽減できれば、と思います。

s-DSC_6774

3月11、12日に行われたアジアカップひろしまで。アジア選手権で金メダルを獲得した上松(写真左奥)とのペアリングも見せた 写真◎江見洋子

>>船水颯人『JKTへの道』バックナンバー
#01 国際大会初の個人戦金メダルに「興奮しすぎました(笑)」 2016.12.30公開
#02 篠原さんを超えるのが目標だった。やっと本番で勝てました 2017.01.06公開
#03「充実した1年を過ごした」船水颯人、3週間1セットの調整法 2017.01.13公開
#04 フェデラーは「すごいことを普通にやる、僕の目指すところ」 2017.02.02公開
#05 逆算の思考法「負ける要素をクリアーすれば勝てる」 2017.02.09公開
#06「生きたボール」を打つためにガットはゆるく張る 2017.02.16公開
#07 高校選抜を振り返る「あのときグリップを変えたから今がある」2017.02.23公開
#08「あのショットが打てれば勝てる」インド遠征でグリップを変えた 2017.03.09公開
#09 常に新しいことにチャレンジしたい。新シーズンは「スピード」 2017.03.16

次回は3月30日(木)に公開予定です。

取材・構成◎杉園昌之 インタビュー写真◎阿部卓功

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』