TOPICS
プレー&コラム
2017.03.26

【行われなかった選抜②】丸中/鈴木がハイジャパ優勝~3.11東日本大震災

WEB特別企画・センバツを振り返るVol.3『東北高』文◎八木陽子

関連キーワード:
2010年のハイジャパ優勝、丸中/鈴木

「大変なら、うち(三重高)で生活したら」

2017年の全日本高校選抜が3月28~30日に愛知県名古屋市・日本ガイシスポーツプラザで行われる。ソフトテニスマガジン・ポータルでは、WEB特別企画としてソフトテニス記者の八木陽子氏による『センバツを振り返る』をソフトテニス・マガジンの秘蔵フォトとともにお届け。

2011年3月、行われなかった高校選抜で、優勝候補として戦うはずだった東北高。前年に1年生大将の船水/九島、丸中/鈴木の活躍で選抜を制し、連覇への期待が高まる中、中津川監督とアンダー選出の選手は三重県四日市市の全日本アンダー合宿に参加。3月11日、東日本大震災が発生する。

※学年はすべて当時。参考資料『ソフトテニス・マガジン』2011年6月号、一部抜粋

2010年6月ハイスクールジャパンカップ
丸中/鈴木、最先端テニスにトライでV!

この年、ハイスクールジャパンカップの代表となったのが丸中大明/鈴木琢巳。ふたりには期するものがあった。前年、チームメートの船水雄太/九島一馬が1年生で準優勝を飾っていたからだ。

「同級生の船水/九島を越えたかった」(丸中/鈴木)

アゼリアカップ、私学選抜大会、そして選抜と連勝していた東北のダブル後衛ペアに対するマークは厳しくなっていた。コンディションも決して良いとは言えない中でも、戦いを重ねるごとに立て直し、決勝進出を決めた。

決勝は、前年同様、高田商業vs東北のカードとなる。相手は1学年上の小栗元貴/榎恭宏で、ストロークからネットプレーを繰り出す丸中/鈴木の打球をカバーリングよく返球。しかし、東北ペアのネットプレーの威力はそれをも上回る。結果、G④-1で振りきってリベンジを果たす。

この大会での丸中/鈴木は、船水/九島へのライバル心に火がつき、とにかく勝ちにこだわった。さらに、高校選抜優勝以降、相手にダブル後衛対策を練られることを想定。アプローチショットからのネットプレーの精度、そして破壊力に磨きをかけ、予想以上の進化を見せた。

当時、高校男子界でも、男子日本代表同様に、最先端のダブルフォワードの陣形を取り入れ、戦うペアも多かった。雁行陣からオールラウンドなテニスを目指すケースがほとんどだったが、丸中/鈴木はふたりともベースラインプレーヤーであり、イメージ的には硬式テニスのシングルスプレーヤー2人のペアのようだった。そこからスタートし、この時点では2人がダブル後衛からダブルフォワードの陣形でも戦えるよう強化していた。

持ち味は異なるが、船水/九島とともにチームを牽引するこのペアが、どこまで自分たちのテニスを確立していくか。そして、この2組を擁する東北のチーム力は、どこまで高まっていくのか。楽しみでならなかった。

s-HID_0808

現NTT西日本広島の丸中大明。高校時代に当時先駆的だったダブルフォワードを取り入れた

s-HID_0429

現福井STCの鈴木琢巳。ベースラインプレーヤーながら、果敢にネットプレーに取り組んだ

2011年3月~高校選抜直前
被災――抗いようのない現実に向き合いながら

2010年シーズンの団体戦、東北は選抜優勝後のインハイでは8強決めで沈み(個人では山田拓真/田中建が準V)、タレントぞろいのチームとしては不完全燃焼なシーズンを過ごした。ライバルも当然、打ち破るために努力を重ねる。それだけ常勝というのは難しいわけだ。

東北の主力メンバーにとって、次なるシーズンは高校最後の一年となる。何としても、もう一度、日本一の座につく――2010年後半の悔しさを払拭すべく、自分たちの力を発揮すべく、選抜出場を待ち望んでいた。

しかし……3月11日、東日本大震災に見舞われる。東北地方出身の大半の部員の故郷が、甚大な被害を被った。中津川澄男監督ほか、日本ソフトテニス連盟のアンダー合宿に参加していた選手たちは、合宿場所の三重県から東北地方へ。家族と連絡が取れない、被災地の様子がわからない、苦労しながら東北の地へ戻ったものの、故郷では電気・水道・ガスといったライフラインが途絶え、復旧の見通しをつかないままだった。

s-DSC_3973

2011年3月初旬のアンダー合宿で、船水雄太(青森県出身)

s-DSC_3983

同じくアンダー合宿で鈴木琢巳(福島県出身)

s-江見DSC_3954

九島一馬(左・秋田県出身)もアンダー合宿に参加していた

多くのソフトテニス関係者が被災地のことを心配する中、東北高に三重高の垂髪隆一校長(元・三重高男女ソフトテニス部監督)から無事帰省できたかどうかの確認の連絡が入った。

「大変なら、うち(三重高)で生活したら」(垂髪校長)

東北高では震災から数日後に寮も閉鎖となっていた。選手たちの保護者も、「子どもだけでもまともな生活をさせたい」という声もあり、東北高校長が三重高へ正式に一時避難の形で受け入れを打診。東北メンバーは、三重高のクラブハウス2階を借りての生活、そして日中は合同練習と約1か月過ごした。

「保護者からも『普通の食事ができ、その上練習まで参加させていただいた』という声が寄せられましたし、三重高のある松阪市内の皆さんには差し入れなどを含め、多大なご支援をいただき、本当に感謝しています」(東北高・中津川監督)

>>【行われなかった選抜①】1年大将の船水/九島と丸中/鈴木の躍進で選抜V

文◎八木陽子(フリーランス編集記者) 写真◎井出秀人(ハイジャパ)、江見洋子(アンダー合宿)

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社