TOPICS
大会
2017.03.29

【選抜女子】和歌山信愛、8強へ「下江が戻ってくるまで負けられない」(3回戦)

第42回全日本高校選抜ソフトテニス大会/3月28~30日、愛知県名古屋市・日本ガイシスポーツプラザ

関連キーワード:
和歌山信愛はキャプテンの戸根鈴華(左)、若子泉和が奮闘!

エース不在も、全員の意志で前進

中村学園女子(福岡)との激戦を制し、ベスト8進出を決めた昨年の準優勝校・和歌山信愛(和歌山)。エースの下江遥花が万全の状態ではなくこの日は欠場する中、プレー、精神の両面でチームをけん引したのが、キャプテンの戸根鈴華だった。「トータルでバランスがとれている選手。前衛として躍動感、ポイント力があるし、女子ではなかなかいないタイプ」と林三千夫監督が評するリーダーに、今大会にかける思いを語ってもらった。

▼戸根鈴華主将(和歌山信愛)コメント

――中村学園女子戦は2番で登場し、非常に苦しい展開から盛り返しての大きい勝利でした。

「後衛の若子(泉和)が本当にがんばってくれて。自分はいろいろミスが多かったのですが、若子ががんばってくれたのだから、自分もがんばろうと思って、勇気を出してプレーしました」

――この日はケガの下江さんが起用されませんでした。

「チーム的に雰囲気が沈んでいたのは確かです。でも下江のぶんまでがんばろうという気持ちが全員にあったから、こうして勝てたのだと思います。下江が戻ってくるまで負けられない、という気持ちでした」

――一昨年は3冠、去年も選抜、インターハイと決勝に進みました。キャプテンとして、そのあたりは意識しますか。

「すごく意識します。2年前は3冠を取っているし、去年も優勝はできなかったけど決勝まで行っている。次は自分たちが絶対に優勝するんだという思いで、メンバーだけじゃなく全部員で気持ちをひとつにして頑張っています」

――そういう意味で、今日勝てたことは大きい。明日への意気込みを。

「自分たちで決めたことをしっかりやり抜いて、1戦1戦みんなで力を合わせてがんばっていこうと思います」

 

※高校選抜出場校名鑑(男子)は こちら
※高校選抜出場校名鑑(女子)は こちら
※全日本高校選抜大会2017・1日目の男子 こちら
※全日本高校選抜大会2017・1日目の女子 こちら
※全日本高校選抜大会2017・2日目の展望 こちら

 

取材・文◎直江光信 写真◎川口洋邦

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』