TOPICS
大会
2017.03.30

【選抜女子】三重・土井主将「試合に出なかった仲間が泣いて喜んでくれたのがうれしかった。3冠のため一からやっていく」

第42回全日本高校選抜ソフトテニス大会/3月28~30日、愛知県名古屋市・日本ガイシスポーツプラザ

関連キーワード:
003doi

三重のキャプテン土井あんず

いつも通りのプレーができたのがよかった

前評判通りの強さを発揮し、3年ぶり2回目の優勝を果たした三重(三重)。昨年Vの文大杉並(東京)が3回戦で姿を消す中、大会を通じて安定したパフォーマンスが光った。チームをけん引した土井あんずキャプテンに、優勝の感想を聞いた。

土井あんず(三重)コメント

――決勝を振り返って。

「アゼリア、私学大会(ともに優勝)といいスタートが切れましたが、このセンバツで優勝しなければ、という思いが強くありました。今回、新チームになって初めて神崎公宏先生にベンチに座っていただいて、『先生を絶対に負けさせられない』という思いで戦いました」

――土井キャプテンから見て、優勝できた要因は。

「日本一になるというより、神崎先生に教わったことを最大限出す、という思いが強かったので、どんな相手がきても一人ひとりがいつも通りのプレーをしていました。それが良かったと思います」

――夏に向けて、これから伸ばしていきたいところは。

「インドアの大会ということでうまくいったところも多かった。外ではうまくいかないことがあるし、風など自然状況も関係してくるので、そういう部分の対策をこれからしっかりやっていきたいです」

――日本一です。率直な感想を。

「まだ実感がないんです。でもスタンドに上がったとき、試合に出なかったチームの仲間が泣きながら喜んでくれたのが、すごくうれしくて。ただ、自分たちの目標は3冠なので、ここで満足せず、また一からやっていきたいと思います」

▼女子出場校名鑑(ソフトテニス・マガジン5月号掲載)
▼選手変更一覧(本部への登録選手の変更)

※全日本高校選抜大会2017・1日目の女子 こちら
※全日本高校選抜大会2017・2日目の女子 こちら
※全日本高校選抜大会2017・3日目の女子 こちら

取材・文◎直江光信 写真◎川口洋邦

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』