TOPICS
大会
2017.03.31

4/1、2全日本女子選抜開催、今年から男子選抜がスタート! シングルスは長江、船水颯、因が参戦

第62回全日本女子選抜・第1回全日本男子選抜ソフトテニス大会プレビュー

関連キーワード:
第1回全日本男子選抜ソフトテニス大会シングルスに出場の3選手。左から全日本シングルス8強の因京将(早稲田大)、同2位の長江光一(NTT西日本広島)、同3位の船水颯人(早稲田大)

第1回男子選抜、記念すべき初代王者は?

4月1日(土)、2日(日)に『第62回全日本女子選抜ソフトテニス大会』および『第1回全日本男子選抜ソフトテニス大会』が東京体育館で行われる。

毎年、桜の季節に開催され、2017年度のシーズン開幕を告げる『全日本女子選抜』。今年62回目を迎える伝統の女子大会として知られるが、昨年に初めて男子(ナショナルチーム)のエキシビションマッチが行われ、今年から『全日本男子選抜』がスタート。男子選抜は4月2日のみの開催で、ダブルス6ペア、シングルス3選手が参戦し、トーナメントで初王者の座を争う。

女子選抜は、4月1日に予選リーグが行われ、2日は決勝トーナメントからスタートする。

全日本女子選抜ダブルス注目ペア

なかがわしばさき中川瑞貴/芝崎百香(ナガセケンコー)
2015年、社会人2年目にこの女子選抜のタイトルを手にして、飛躍した中川。昭和学院高卒ルーキーのレフティー前衛・芝崎と組んで出場

かいせくろき貝瀬ほのか/黑木瑠璃華(ヨネックス)
和歌山信愛高より新加入のナショナルチーム後衛・貝瀬は昨年の女子選抜シングルス女王。昨年の女子選抜ダブルスVの前衛・黑木とのペアで参戦

全日本男子選抜ダブルス出場選手

安藤上松安藤優作/上松俊貴(早稲田大)
アジア選手権ダブルスVで今年早稲田大入りの上松は、新3年の安藤と。順当に勝ち進めば、岡山理大附高の元ペア本倉と決勝で当たる可能性も

かつらたかつき桂 拓也/髙月拓磨(ヨネックス)
早稲田大→和歌山県庁の桂がヨネックスへ移籍。2013年天皇杯優勝の桂/髙月が復活!

本倉丸山本倉健太郎/丸山海斗(明治大)
岡山理大附高の本倉は明治に進学。同じく左利きの新2年生・丸山と2016年&2015年のインハイ個人Vペア結成

中平慎吾/米澤 要(明治大)
立木雅也/九島一馬(明治大/ミズノ)
内本隆文/星野慎平(早稲田大)

全日本男子選抜シングルス出場選手

長江光一(NTT西日本広島)
因 京将(早稲田大)
船水颯人(早稲田大)

第62回全日本女子選抜ダブルス

女子ダブルス

第62回全日本女子選抜シングルス

女子シングルス

第1回全日本男子選抜ダブルス

男子ダブルス

第1回全日本男子選抜シングルス

男子シングルス

『第62回全日本女子選抜ソフトテニス大会』
『第1回全日本男子選抜ソフトテニス大会』
4月1日(土)9時開場・10時試合開始 女子予選リーグ
4月2日(日)9時開場・10時試合開始 女子決勝トーナメント・男子選抜大会
会場:東京体育館(JR千駄ヶ谷駅徒歩1分)
2日は先着3,000名に抽選権を配布、豪華賞品が当たる!
※入場無料

写真◎BBM 文◎ソフトテニス・マガジン編集部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社