TOPICS
大会
2017.05.22

岐阜は男子・中京、女子・鶯谷が全国へ

【インハイ予選速報2017】今年も岐阜から始まる

関連キーワード:

夏の全国高校総体予選の団体戦出場校が、今年も東海地方から決定し始めている。

岐阜県では5月20日(土)に団体戦、21日(日)に個人戦が行われ、団体戦は男子・中京が12年連続となる全国切符をつかみ、女子は鶯谷が2年連続で頂点に立った。

【男子団体】
①中京学院大学附属中京
②県立岐阜商業
③岐阜
③美濃加茂

男子は中京が12年連続41回目の出場(岐阜県高体連専門部提供写真)

男子は中京が12年連続41回目のインハイ出場(岐阜県高体連専門部提供写真)

【女子団体】
①鶯谷
②多治見西
③岐阜総合学園
③県立岐阜商業

女子は鶯谷が2年連続15回目のインハイ出場

女子は鶯谷が2年連続15回目のインハイ出場(BBM)

優勝チームは7月22日から福島県・会津若松市で行われる全国総体に出場する。

全国出場校名鑑、個人戦全出場者名は、7月22日(土)から発売の『ソフトテニス・マガジン9月号』の別冊に掲載予定。

今後の各都道府県の更新はこちら

協力◎岐阜県高体連ソフトテニス専門部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』