TOPICS
大会
2017.05.25

【インハイ予選決勝リポート】愛知・女子は豊田大谷! 14年ぶりの出場勝ち取る

【インハイ予選リポ2017】注目都道府県予選決勝・愛知/女子団体

関連キーワード:

ライバルを破り14年ぶりのインターハイ出場

◎決勝(女子団体)
豊田大谷 ②-0 岡崎城西

愛知県インハイ予選・団体戦は5月21日に行われ、男子は岡崎城西、女子は豊田大谷が7月に行われるインターハイの出場を決めた。

女子の豊田大谷は、2003年以来の14年ぶりのインターハイ出場となる。
東海チャンピンのペア・羽生田/清水を中心に、児玉/柘植、風村/浅井と攻撃力のあるメンバーがそろった豊田大谷。決勝では昨年まで6年連続インターハイ出場で、春の選抜にも出場している岡崎城西に対し、2番の羽生田/清水が先勝すると、1番・児玉/柘植が勝利を決めて、念願の全国出場切符をもぎとった。

センバツは東海予選初戦で敗れ、出場ならなかった豊田大谷。晴れて全国への道を切り拓いた

センバツは東海予選初戦で敗れ、出場ならなかった豊田大谷。晴れて全国への道を切り拓いた

勝利に沸くベンチ、応援席は歓喜にあふれ、選手たちは喜びに涙を抑えられない。監督に就任して2年目の薮下裕梨監督も「岡崎城西には地区大会では勝てても、全国がかかった試合ではことごとく負けていた。選手たちが勝負弱かった部分を自分たちで払拭してくれたのが何よりもうれしい」と目を潤ませた。

◎上位成績(女子団体)
① 豊田大谷
② 岡崎城西
③ 豊橋中央
③ 菊華

愛知県男女速報はこちら
★この試合は、『ソフトテニス・マガジン8月号』に掲載予定(2017年6月27日発売。予定は変更の可能性があります)
★全国出場校写真名鑑、個人戦全出場者名は、7月22日(土)から発売の『ソフトテニス・マガジン9月号』の別冊付録に掲載予定

愛知県・男子リポートはこちら
そのほかの速報はこちら
続々決定! そのほかの予選決勝リポートはこちら

取材・文◎田辺由紀子 写真◎江見洋子 協力◎愛知県高体連専門部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社