TOPICS
大会
2017.06.05

【インハイ予選決勝リポート】青森・女子は、弘前実が連覇を達成

インターハイ2017注目都道府県予選決勝・青森/女子団体

関連キーワード:
優勝を決めた直後、抱き合って涙した工藤/水木恵(弘前実)

弘前実、苦境乗り越えインハイ出場決める

◎決勝(女子団体)

弘前実 ②-0 八戸学院光星

各県でインターハイ出場を決める県予選が随時開催されている。青森県インターハイ予選(団体)は、6月3日(土)に行われ、女子は弘前実が2年連続3回目の出場を果たした。

メンバー8人中3年生はわずか3人、残り5人はすべて1年生という布陣で臨んだ弘前実。エースの工藤涼香/水木恵唯を中心に試合を重ねるごとに調子を上げ、準々決勝以降はすべて②-0で勝利して連覇を遂げた。船水宏二監督は「初戦で3番(葛西美紀/溝江真桜)がファイナルの3-4から逆転して勝ったのがすべて。大将の工藤/水木恵もプレッシャーから硬くなっていましたが、経験を生かしてよくやってくれました」と選手の奮闘を称えた。

準決勝後はもう一方の準決勝が長引いたため時間が開き、雨に濡れる中でもう一度体を温めなければならないという難しい状況で迎えた八戸学院光星との決勝だったが、見事な集中力で序盤から波に乗った。

「平常心で普段の力を出す、というのが今大会のテーマでした。勝ちが見えてくるとつい力が入ってしまうもの。初戦はそういうところが出てしまいましたが、うまく修正できたと思います」と船水監督。まだ若いチームだが、そのぶん伸びしろも大きい。この経験はきっとチームにさらなる成長をもたらしてくれるはずだ。

◎上位成績(女子団体)
①弘前実
②八戸学院光星
③五所川原商
③八戸工大一

青森県・女子団体優勝の弘前実

青森県・女子団体優勝の弘前実

青森県・女子団体準優勝の八戸学院光星

青森県・女子団体準優勝の八戸学院光星

青森県・女子団体3位の五所川原商

青森県・女子団体3位の五所川原商

青森県・女子団体3位の八戸工大一

青森県・女子団体3位の八戸工大一

※全国出場校名鑑、個人戦全出場者名は、7月22日(土)から発売の『ソフトテニス・マガジン9月号』の別冊に掲載予定。

★青森県・男子のリポートはこちら

これまでの速報はこちら

 

取材・文◎直江光信 写真◎桜井ひとし 協力◎青森県高体連専門部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』