TOPICS
大会
2017.06.05

福井は男子・金津が2年ぶり、女子・北陸が9年ぶりのV、個人戦も制す

【インハイ予選速報2017】男子・金津は9回目、女子・北陸は21回目の優勝

関連キーワード:

福井県では越前市武生中央公園庭球場にて、6月2~4日にかけて、インターハイ県予選(団体および個人)が行われた。団体戦はトーナメントの結果、男子は金津が2年ぶり9回目、女子は北陸が9年ぶり21回目の優勝を果たし、インターハイ出場権を獲得した。

個人戦もトーナメントで争われ、男子は金津の角方裕哉/竹内慎、女子は北陸の小林紗菜/山越莉央が制し、団体・個人の2冠となった。個人戦6位までがインターハイに出場する。

(6/5PM9:20 写真追加)

男子優勝の金津

男子優勝の金津

【男子団体】
①金津
②武生
③敦賀
④藤島

女子優勝の北陸

女子優勝の北陸

【女子団体】
①北陸
②丸岡
③福井商
④敦賀

【男子個人6強】
①角方 裕哉/竹内  慎(金津)
②井上 幹太/夏目 悠也(金津)
③木村 真也/加賀 友也(三国)
③小林 凌大/中村 兼将(金津)
⑤山下 航汰/栗塚 優希(敦賀)
⑥斉藤 圭佑/高木 悠多(敦賀)

【女子個人6強】
①小林 紗菜/山越 莉央(北陸)
②五十嵐 陽/辻岡恵海里(福井商)
③本島 有紗/木本 紗綾(金津)
③田屋 千里/高木 璃乃(敦賀)
⑤東  菜緒/宮前 咲希(北陸)
⑥慶谷 紘子/三崎ひかり(武生)

※全国出場校名鑑、個人戦全出場者名は、7月22日(土)から発売の『ソフトテニス・マガジン9月号』の別冊に掲載予定。

これまでの速報はこちら

協力・写真◎福井県高体連専門部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』