TOPICS
大会
2017.06.05

【インハイ予選決勝リポート】山形・女子は、羽黒が3年連続4回目の出場決定!

インターハイ2017注目都道府県予選決勝・山形/女子団体

関連キーワード:

羽黒は、3年連続4回目の出場へ

2面展開の決勝は、先に優勝を決めた羽黒男子も一緒にエールを送った

2面展開の決勝は、先に優勝を決めた羽黒男子も一緒にエールを送った

優勝を決めた羽黒女子。試合前の円陣で行うポーズで、全員で優勝の喜びを分かち合った

優勝を決めた羽黒。試合前の円陣で行うポーズで、優勝の喜びを分かち合った

◎決勝(女子団体)

羽黒 ②-0 酒田南

各県でインターハイ出場を決める県予選が随時開催されている。

山形県インターハイ予選(団体)は、6月3日、4日に行われ、女子は羽黒が3年連続4回目の出場を決めた。

春の全国高校選抜にも出場した羽黒は、初戦の2回戦から準決勝までをすべてストレート勝ちで決勝へ。2面展開で行われた酒田南との決勝は、主軸のタブル後衛・本多真奈/藤原あずさがG④—0で一勝を挙げると、G2—2にもつれていた隣のコートの石井日菜/池添佳歩もここから振りきって勝利。3年連続の優勝を決めた。

「(3日までに行われた)個人戦で負けた選手も、しっかり気持ちを切り替えて試合に入ってくれました」とベンチに入った外部コーチの齋藤豊文さん。地力のある1年生の加入を刺激に、笑顔の絶えない明るいチームが夏へ挑む。

◎上位成績(女子団体)
①羽黒
②酒田南
③山形市立商
③新庄南

 

優勝の羽黒

2位の酒田南

 

3位の山形市立商

 

3位の新庄南

★山形県男子のリポートはこちら
その他のインターハイ予選速報はこちら

取材・文◎井口さくら 写真◎藤井勝治 協力◎山形県高体連専門部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社