TOPICS
大会
2017.06.08

鳥取、米子松蔭アベック連覇!

【インハイ予選速報2017】個人は男子・米子松蔭の二冠、女子・米子東に栄冠!

関連キーワード:

6/3~5に、コカ・コーラウエストスポーツパークテニス場で鳥取県高校総体が開催され、インターハイ出場者が決定した。

6/3の団体戦、男子は21校のトーナメントの末、米子松蔭が5年連続10回目の優勝を果たした。女子は19校がトーナメントで頂点を競い、米子松蔭が9年連続11回目の優勝を飾った。

【男子団体】
①米子松蔭
②鳥取商
③米子工
③倉吉総合産業

男子優勝・米子松蔭

男子優勝・米子松蔭

【女子団体】
①米子松蔭
②米子東
③鳥取商
③倉吉総合産業

女子優勝・米子松蔭

女子優勝・米子松蔭

6/4、5の個人戦は、男子は4強を米子松蔭が独占。同士討ち決勝を制した宇田川智広/松本来が頂点に立った。

男子個人優勝の宇田川/松本

男子個人優勝の宇田川/松本

女子個人戦は米子東の岡田知夏/池田季子が米子松蔭ペアに競り勝ち、前日の団体戦の雪辱を果たして優勝した。

女子優勝・岡田/池田(米子東)

女子優勝・岡田/池田(米子東)

鳥取県からは男女各6ペアがインターハイ個人戦に出場する。

※全国出場校名鑑、個人戦全出場者名は、7月22日(土)から発売の『ソフトテニス・マガジン9月号』の別冊に掲載予定。

これまでの速報はこちら

協力・写真◎鳥取県高体連専門部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』