TOPICS
プレー&コラム
2017.06.23

【動画・瞬発力強化メニュー】サービスとストロークに必要な体幹と下半身を活性化するMBスイング

U-20男子チームの兼平トレーナーが動画でレクチャー

関連キーワード:

7月は試合ですぐ生きる、瞬発力をきたえよう

練習試合や試合が続くこの時期は、冬場にしっかり取り組む基礎固めのトレーニングと違って、継続的に瞬発力をきたえるトレーニングがおすすめです。サービス、ストローク、スマッシュ……と、コートではさまざまな動きがありますが、これらの体勢の動き出しで爆発的なパワーを発揮することが瞬発力です。

すべての動きにつながる瞬発力を、シーズン中に適したトレーニングで強化しましょう。負荷は強くないメニューなので、試合直前(1週間前)でも取り組んでOKです。

MBスイング①(バーティカル)

効果
爆発的なサービスとストロークに必要な体幹と下半身の活性化

準備
メディシンボールやバスケットボール、サッカーボールを準備し、両足を肩幅に開いてスタンバイ

やり方
①ボールを両手で持ち、頭上に振り上げて停止する
②頭上から一気に足の間に振り下ろして、動きを素早く止める。振り下ろしと同時にお尻を後ろに引く。これで1スイング
③ ②の状態から、一気に両手を振り上げて①の状態に戻る。これで1スイング

※①~③を繰り返し、6スイング1セットで2セット行う

スイングのパターンは下記の3通り。①からチャレンジ!

①1スイングずつ止めて6回
②2スイングずつ連続で3回
③6スイング連続で1回

 

MBスイング②(ダイアゴナル)

効果
爆発的なサービスとストロークに必要な体幹と下半身の活性化

準備
メディシンボールやバスケットボール、サッカーボールを準備し、両足を肩幅に開いてスタンバイ

やり方
①ボールを両手で持ち、頭の右上に振り上げて停止する
②頭の右上から一気にななめに振り下ろして、動きを素早く止める。これで1スイング
③ ②の状態から、一気に両手を振り上げて①の状態に戻る。これで1スイング

※①~③を繰り返し、6スイング1セットで2セット行う

「毎日やればテニスに生きる! 中学生のための身体づくり」熱中!ソフトテニス部41号(詳細はこちらに掲載。この動画のメニューのほかにも、毎日できる簡単なトレーニングメニューを掲載しています。ぜひご覧ください!

実演・解説◎兼平智孝(H-Field代表、全日本U-20男子トレーナー) 取材・構成◎井口さくら 動画撮影◎井出秀人

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社