TOPICS
大会
2017.06.26

林田/宮下が連覇! 林田リコは圧巻の二冠

【ハイジャパダブルス最終】「(先に終わった)男子が二冠を達成していたので、自分も勝たないとと思った」(林田)

関連キーワード:
女子では1999年以来となる連覇を成し遂げた林田リコ(左)/宮下こころ

「高校生の大会では、つねに優勝をねらっていきたい」。前日のシングルスで頂点に立ったあと、そう話していた林田リコ(文大杉並)が、有言実行の頂点に立った。

6月25日(日)、ハイスクールジャパンカップ競技3日目(ダブルス2日目)。この日林田/宮下にとって初戦となった札幌龍谷学園・高橋/佐藤との対戦こそ、3月の私立高校選抜大会で黒星を喫した相手だっただけに「緊張した」(林田)というが、それでも林田/宮下は失ゲーム1で8強入りを果たし、続く準々決勝も1で瞬く間に4強へコマを進めた。

準決勝は、選抜優勝の三重の誇る3本柱の1組・福田/中別府。ここでも林田/宮下は崩れず、2で決勝へ。対するは、下江/戸根(和歌山信愛)、原口/久保(中村学園女子)と全国区の強敵を撃破してきた北越・鈴木/保科。勢いに乗る相手に対しても、林田/宮下は安定感十分の戦いを見せ、林田はオールラウンドな力を存分に発揮。G④-1で優勝を決めた。

林田/宮下は連覇。女子でハイジャパダブルス連覇は1999年の鈴木和恵/濱中洋美(広島女子商)以来18年ぶり。林田はシングルスとの二冠を達成した。

「(先に終わった)男子が二冠を達成していたので、自分も勝たないとと思った」と林田。ハイジャパ連覇、二冠……さまざまなプレッシャーの中、重圧を見事に力に変えた林田/宮下。夏連覇への好材料となりそうだ。

同じく雨だった昨年のハイジャパでは決勝ではお日様も顔をのぞかせたが、今年は終始雨もようのなかで行われた

同じく雨だった昨年のハイジャパも決勝ではお日様が顔をのぞかせたが、今年は終始雨もようだった。写真は決勝のようす。雨にもひるまず、選手たちは熱く戦った

北越の鈴木(左)/保科は昨年インハイ団体5位の原動力。ハイジャパで全国区へ踊り出て、さらなる飛躍を誓う

北越の鈴木(左)/保科は昨年インハイ団体5位の原動力。ハイジャパで全国区へ踊り出て、さらなる飛躍を誓う

3位の福田(左)/中別府(三重)

3位の福田(左)/中別府(三重)

3位の原口(右)/久保(中村学園女子)

3位の原口(右)/久保(中村学園女子)

女子ダブルス最終結果

女子ダブルス最終結果

取材◎田辺由紀子、深作友子 写真◎井出秀人

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社