TOPICS
大会
2017.07.21

【インハイ】会津総合運動公園テニスコートはこんなところ!

福島県高体連ソフトテニス専門部委員長 佐藤和之先生に聞きました

関連キーワード:
会津総合運動公園テニスコートは7月15、16日に東日本選手権が開催されたばかり。奥に見える三角屋根があいづ総合体育館。ここで開会式が行われる

★今月は22日発売!★ ソフトテニス・マガジン9月号は7月22日(土)発売です

7月22~29日に平成29年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)のソフトテニス競技が福島県会津若松市で行われる。会場となる会津総合運動公園テニスコートはどんなところ? 福島県高体連ソフトテニス専門部委員長佐藤和之先生に聞きました。

会津は観光地です。グルメもおすすめあります!

――コートは全部で何面?

砂入り人工芝20面ですが、競技で使うのは16面です。残り4面のコートは、動線を確保するために選手集合場所などに使います。

――観戦する場所は?

観客席は中央通路に。外側の芝の斜面でも観戦できます。芝の斜面の平らなところにはベンチを置いて、なるべく座って観戦できるようにする予定です。

写真左の中央通路と右の斜面が観戦エリア

――周辺環境は?

住所(会津若松市門田町大字御山字村上地内)を見ていただければ分かるように、山が近くにあります。テニスコートは施設の中でも少し低いところにあり、コート内に『風が回る』可能性も。盆地ですし、時期的にも、梅雨明け(平年は7月25日)もしくは梅雨明けの手前ぐらいなので、蒸し暑い可能性があります。暑さ対策は万全に。

――会場へのアクセスは?

JRの会津若松駅から路線バスが出ています。朝の時間帯は混む可能性も。男子日程であまりに混雑したら、女子日程で増便するかもしれません。会津若松駅からはタクシーで15分くらいですので、タクシーを利用されても。南若松駅から徒歩20分ですが、南若松駅に止まる列車の本数が少ないので、タイミングがあえばご利用ください。

――会津若松のソフトテニス事情。

ソフトテニスの競技レベルはそれほど高くないのですが、テニスが好きな生徒が多いです。進行に迷惑を掛けないように、われわれなりのもてなしの気持ちで大会を準備しています。

――今回のインハイの特徴。

体育館が控室で、開会式も体育館で行います。いつもと運営が違いますが、少しでも選手の負担にならないように気を回しながら進行します。選手の思い出に残るような大会にしたいです。

――観戦に訪れる方へ。

会津は観光地です。時間に余裕があれば、観光名所をぜひ訪れてください。おいしいものもたくさんありますよ。有名な喜多方ラーメン、ソースカツ丼(かなりボリュームがあるとか)、ニシンの山椒漬けやこづゆといった郷土料理もおすすめです。白虎隊で有名な鶴ヶ城も会場の近くにあります。飯盛山からは市内を一望できます。

できれは公共交通機関で来場していただきたいのですが、鶴ヶ城に臨時駐車場を設置します。そこから会場へはタクシーかバスで10~15分くらいです。

全国高校総体〈インターハイ〉

【男子】
7月22日(土)8:30 男子公開練習 16:30 男子開会式
7月23日(日)9:00 男子個人戦(3回戦まで)
7月24日(月)9:00 男子個人戦(競技終了後表彰式)
7月25日(火)8:30 男子団体戦(競技終了後表彰式)

【女子】
7月26日(水)8:30 女子公開練習 16:30 女子開会式
7月27日(木)9:00 女子個人戦(3回戦まで)
7月28日(金)9:00 女子個人戦(競技終了後表彰式)
7月29日(土)8:30 女子団体戦(競技終了後表彰式)
※日程、時間は7月21日時点。団体戦は、男女とも、原則として3回戦より2面同時展開で実施

競技会場:会津総合運動公園テニスコート(施設概要はこちら)※外部サイトに飛びます

取材・構成◎ソフトテニス・マガジン編集部 写真◎矢野寿明

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社