TOPICS
大会
2017.07.24

【インハイ】「攻めていこうと2人で決めていた」4回戦で高田商業ペアを下した文徳・森/上野

男子2日目個人戦:インターハイ2017◎7/22-29福島県会津若松市・会津総合運動公園テニスコート

関連キーワード:
個人戦のみ出場、熊本・文徳の森(左)/上野。5回戦で敗れたが、4回戦では難敵を破った

最上級生として、プライドを持って練習してきた

★今月は22日発売!★ ソフトテニス・マガジン9月号は7月22日(土)発売です

福島県の会津若松市で開催されているインターハイ男子個人戦は2日目に入っている。この日最初の試合となった4回戦に登場した文徳(熊本)の森洸太/上野颯人は、北本達己/大橋和生(奈良・高田商業)を序盤から圧倒。G3-0のリードから追い上げられ、ファイナルにもつれ込んだものの、振り切って勝利をつかんだ。

文徳の林田満監督は試合前、「相手の胸を借りるのではなく、倒しにいくつもりで戦え」と送り出しており、期待に応えた見事な勝利だった。

続く5回戦で田島知征/高橋悠里(群馬・高崎商)に敗れたものの、個人戦県予選優勝の実力を発揮。県予選決勝リーグで敗れ、団体戦出場を逃した悔しさもバネにして戦い抜いた2人に話を聞いた。

森洸太/上野颯人(文徳)コメント

――4回戦は見事な勝利でした。

上野「相手が高田商業のペアだったので、思いきっていこうと思っていました。守りに入らず、攻めていこうと2人で決めていたので。G3-0にした後、油断が出てしまいましたが、ファイナルで並んだときは『もう一度やるしかない』と思ってプレーできました。

森「試合をやる前は正直、どこまでやれるのかと思っていて、勝てる気がしていませんでした。5回戦は最初のゲームを取られて、勝ちたかったので攻めようと思い過ぎて、力みが出てしまったと思います」

――大会を通じて、どんなプレーができたと感じますか。

上野「初戦の2回戦からファイナルのデュースが続いて、マッチも取られました。でも、気持ちで全部押しきろうと思って、そうすることができたから、ここまで勝ち上がることができました」

森「負けるまでの3試合は、本当に気持ちが乗っていました。でも5回戦は、高田商業のペアに勝って満足していたところがあったので、悔しいです」

――高校3年間のソフトテニスで、どんなことを学びましたか。

上野「去年のインターハイは個人戦の初戦で、2年生らしくやろうと思ったのですが、負けてしまいました。3年生になって最上級生になったので、プライドを持って練習してきました」

森「技術ではなく、本当に気持ちが充実していないと、競っていても流れが来ません。勝つためには、攻めていかなければいけないと感じました」

――部員全員が応援に駆けつけていました。

上野「少しですが、応援の声に応えることができたと思います」

森「声がよく聞こえました。すごく力になりました!」

★ 男子個人戦1日目の全結果は コチラ
★ 『会津総合運動公園テニスコートはこんなところ!』 は コチラ
★ インターハイ2017男子団体出場校名鑑はコチラ
★ インターハイ2017女子団体出場校名鑑はコチラ

取材・文◎石倉利英 写真◎井出秀人

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社