TOPICS
大会
2017.07.24

【インハイ】「向かっていかなければ、良い勝負もできない」ハイジャパ王者を追い詰めた高崎商業・田島/高橋

男子2日目個人戦:インターハイ2017◎7/22-29福島県会津若松市・会津総合運動公園テニスコート

関連キーワード:
高崎商業の田島知征/高橋悠里(右)

相手は関係なく、振って、やりきろう

★今月は22日発売!★ ソフトテニス・マガジン9月号は7月22日(土)発売です

福島県の会津若松市で開催されているインターハイ男子個人戦。ハイスクールジャパンカップ・ダブルス優勝で、今大会第2シードの上岡俊介/広岡宙(大阪・上宮)が、準々決勝を前にした6回戦で大苦戦を強いられた。王者を追い詰めたのは、群馬・高崎商業の田島知征/高橋悠里ペアだった。

序盤から先行してG3-2とリードしたときは、コートの周囲を取り囲んだ多くの観客から、何とも言えないどよめきが漏れた。第6Gを取られた末のファイナルも、5-5の大接戦。最後は連続ポイントを奪われて5-⑦で屈したが、見守った応援団からは大きな拍手が沸き起こった。同校からの個人戦出場は1ペアのみだが、明日は団体戦に出場する。仲間たちとともに、さらなる上位進出を目指す2人の思いを聞いた。

田島知征/高橋悠里(高崎商業)コメント

――6回戦を振り返って。

高橋「試合の後半になって後衛のラリーが続いているときに、自分と相手の前衛(広岡)との差が出てきて、自分は勝負にいけない場面が多かったです。上まで来ると、前衛が得点源にならないと勝てないので、その差が出たと感じました」

田島「向かっていかなければ絶対に勝てないし、良い勝負もできないと思っていました。どんなに前衛に取られても、後衛に打たれても、自分は自分のテニスをしようと思っていました」

――上岡/広岡組との対戦が決まったとき、どんな戦いをしようと考えていましたか。

高橋「相手は関係なく、振って、やりきろうと話していました」

田島「相手は格上なので、自分たちがビビったら、もっと差が出てしまう。自分たちができることを全力で、しっかりやろうと思っていました」

――田島選手は昨年も個人戦に出場(5回戦進出)、高橋選手は初出場でした。

田島「去年は先輩と組んで出場し、3年生の強さをあらためて実感しました。その悔しさがあったので、自分が3年生のときは1つでも去年より上にいこうと思っていたので、目標を達成できてよかったです」

高橋「こういう全国大会の舞台に立ったことがなかったので、周りの雰囲気に飲み込まれないように声を出して、自分のプレーをしようと思っていました」

――明日は団体戦があります。

田島「去年の団体戦は初戦で負けました。高崎商業の名前を背負って戦えるのは団体戦が最後で、3年生にとっては集大成となる戦いです。自分たちがチームを引っ張って盛り上げて、勝ち上がっていけるように頑張ります!」

高橋「まずは自分のプレーを発揮すること。個人戦は自分としては良いプレーが多かったので、そのイメージを忘れず、どんな相手にも自分で向かっていきたいです!」

高崎商業の田島知征

高崎商業の高橋悠里

★ 男子個人戦1日目の全結果は コチラ
★ 『会津総合運動公園テニスコートはこんなところ!』 は コチラ
★ インターハイ2017男子団体出場校名鑑はコチラ
★ インターハイ2017女子団体出場校名鑑はコチラ

取材・文◎石倉利英 写真◎井出秀人

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社