TOPICS
大会
2017.07.24

【インハイ】高田商業・紙森隆弘監督「阪本/林は上までいくんじゃないかな、と思っていた」

男子2日目個人戦:インターハイ2017◎7/22-29福島県会津若松市・会津総合運動公園テニスコート

関連キーワード:
試合後、阪本/林を祝福する紙森監督

『ていねいにならずに、振っていけ』

★今月は22日発売★ ソフトテニス・マガジン9月号(インハイ展望号)は好評発売中!

福島県の会津若松市で開催されているインターハイの男子個人戦は、高田商業(奈良)の阪本崚/林湧太郎ペアの優勝で幕を閉じた。山根稔平/根本大地ペアが3位、花岡忠寿/増田祐太ペアが5位に入り、入賞8ペア中3ペアを占めた同校を率いる紙森隆弘監督に、阪本/林ペアの戦いぶりなどを振り返ってもらった。

紙森隆弘監督(高田商業)コメント

――阪本/林ペアの大会の通じての出来は、どうでしたか。

紙森監督「試合が始まってから良いテニスをしていたので、上までいくんじゃないかな、と正直、思っていましたね」

――準決勝は山根/根本との同士討ちでした。

紙森監督「山根組に勝ったこともあり、阪本たちの中にも『彼らのぶんまで』という思いはあったと思います」

――第6Gで3-0のマッチを握りながら、逆転されてファイナルにもつれ込みました。戻ってきた2人にはどんな声を掛けたのですか。

紙森監督「やり慣れている相手なので、最後はこうなるんじゃないか、と。林がよくスマッシュを叩いてくれました」

――阪本選手も何度かバックアウトがありながらも、最後までラケットを振りきっていました。

紙森監督「こちらに来てから、ずっとラケットも振れていましたから。最後も『ていねいにならずに振っていけ』と言っていたので」

――良い流れで25日の団体戦に臨めるのではないですか。

紙森監督「団体戦は別物だと思っています。今日、(早い段階で)負けたペアも頑張ってくれると思うので、期待したいですね」

高田商業の阪本崚

高田商業の林湧太郎

★ 男子個人戦のまとめは コチラ
★ 男子個人戦1日目の全結果は コチラ
★ 男子個人戦最終結果はコチラ
★ 『会津総合運動公園テニスコートはこんなところ!』 は コチラ
★ インターハイ2017男子団体出場校名鑑はコチラ
★ インターハイ2017女子団体出場校名鑑はコチラ

取材・文◎石倉利英 写真◎井出秀人、川口洋邦

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社