TOPICS
大会
2017.07.26

【インハイ】ミニインタビュー「東北の3番は正直、つらかった」東北主将・林民生。3番勝負を制した昨年の再現ならず…

男子3日目団体戦:インターハイ2017◎7/22-29福島県会津若松市・会津総合運動公園テニスコート

関連キーワード:
1番の2年生ペア、水木瑠/福田成海が勝った後を受けて、3番の林/新沼が登場。林は水木と何か話してから試合に臨んだ。3年生の主将として、昨年とは違う立場で臨んだ3番勝負だった

向かって来られる側。それでも強気にいく

福島県の会津若松市で行われているインターハイは、25日に男子団体戦が行われた。昨年優勝の東北(宮城)は決勝まで勝ち進んだものの、羽黒(山形)に敗戦。連覇にあと一歩まで迫りながらも、わずかに及ばなかった。

その東北の3番は、林民生/新沼舜大。昨年2年生ペアで3番を任され、見事に勝ってチームを日本一に導いていた。主将となった林は、再び新沼とのペアで決勝の3番勝負へ――。第5Gでマッチポイントを奪ったものの決められず、逆転で敗れて準優勝に終わった。

前年王者の主将としての重圧とも戦った1年間。最高の結果とはならなかったが、チームとまとめて戦い抜いた林に話を聞いた。

林民生(東北)コメント

――結果は準優勝でした。

林「ここまで来たら優勝したかった。去年優勝しているぶん、準優勝は悔しいです」

――昨年と同じ決勝での3番勝負でした。

林「去年は優勝できると思っていませんでしたが、3年生の意地を見せつけられました。今年は自分たちが、去年の先輩たちみたいになれるように練習を頑張ってきたので、今年も3番勝負を勝てれば、と思っていました。優勝できるイメージもあったんですが……気持ちの面が少し足りなかったと思います」

――最後に勝てなかったのは、何が足りなかったからだと思いますか。

林「マッチポイントを握ったときのメンタル面だと思います」

――2番のことは意識していましたか。マッチポイントも握っていました。

林「2年生が4人、試合に出ていて、2年生に託していたので、決めてくれるという気持ちを持っていました」

――去年と比べると、自分が主将で3番を任される意味は重かったですか。

林「去年は2年生だったので、まだ来年があるという意識もありました。でも今年の夏は最後なので、みんなの思いを背負ってやらなければいけなかった。東北の3番をやるのは正直、つらかったです。3年生になって、主将ですし、負けちゃいけないという思いがありました」

――この1年間で、どんなことが成長したと思いますか。

林「向かってこられる側だったので、相手がそう来ても強気で攻めていくところは、成長できたと思います」

★ 男子個人戦のまとめは コチラ
★ 男子個人戦最終結果はコチラ
★ 『会津総合運動公園テニスコートはこんなところ!』 は コチラ
★ インターハイ2017男子団体出場校名鑑はコチラ
★ インターハイ2017女子団体出場校名鑑はコチラ

取材・文◎石倉利英 写真◎井出秀人、川口洋邦

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社