TOPICS
大会
2017.07.27

【インハイ】番外編 ミズノ・九島選手から東北高の後輩たちへ「堂々といいプレーをしていて感動しました」

インターハイ2017◎7/22-29福島県会津若松市・会津総合運動公園テニスコート

関連キーワード:
ミズノ・九島一馬。現在のソフトテニス界でトップ前衛のひとり

インハイ会場には、現役高校選手はもちろん、かつて高校で活躍した選手もたくさん集結しています。ミズノでは九島一馬選手を発見。九島選手といえば、おととい(7/25)、2年連続で男子団体決勝に進んだ東北高校の出身です! 社会人2年目で奮闘中の九島選手にコメントいただきました!

お互い3年になって、もっと面白い試合をしてくれるのでは

――東北高校が今年も決勝へ進みましたね。

九島 決勝戦自体は見ることはできなくて、ポイント(カウントの推移)だけ画面で見てたんですけど、めちゃくちゃはらはらしました! 1試合はネットで映像を見たんですけど、惜しかったですね……。

――去年に続いての決勝進出でした。

九島 ベスト4は行くかなと思っていたんですけど、あそこまでいっていい試合をして、堂々といいプレーをしていて感動しました。

――いまも後輩と接する機会はありますか?

九島 僕が宮城に行くとき選手が話しかけてくれて、みんなかわいいです。

――多くの選手が来年も残りますからまだまだ楽しみですよね。

九島 そうですね。2年生が4人試合に出ていたので、今年の借りを返すというか。羽黒のほうも2年生が残るので、そこはお互い3年生になって、もっと面白い試合をしてくれるんじゃないかなと思います。

 切り替えて天皇杯を目指しています。

――今年からペアが増田健人選手(和歌山県庁)に代わりました。

九島 自分も増田さんも、今年ペアのチーム状況が変わってチーム以外の選手とペアを組めなくなって。たまたまお互い同じときにそういう状況になったので、僕から増田さんに、良ければ組んでもらえませんかと声をかけました。おそれおおかったですけど(笑)。

――増田さんのイメージは? 去年の千葉のアジア選手権では圧巻の戦いを披露していましたが。

九島 もちろんそのアジア選手権の戦いぶりも見ていました。増田さんはコートの外ではとても優しくて、コートに入ると切り替わる。メリハリのある方だと思います。

――練習は?

九島 (大きな大会が続く)いまの時期は難しいですが、だいたい週1で和歌山に行って練習しています。

――ペアが変わって感触的には?

九島 さすがにちょっとまだテンパっています(苦笑)。お互いのプレースタイルも違ったので、合わせにいくこともそうですが、合わせにいくだけではその良さが出てこないので。合わせつつ良さも生かしていく方法をまだ模索中です。

――ただ、増田/九島で早速結果も出しています。

九島 近畿選手権だけです(優勝)。西日本選手権の一般では(昨年度まで組んだ)船水に負けちゃって。あっちのほうがいいプレーも多かった。負けた後すごく悔しかったんですけど、切り替えて天皇杯を目指しています。

――また天皇杯でも当たるかもしれません。

九島 そうですね。負けることのないようにやっていきたいです。

取材◎深作友子 写真◎井出秀人

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社