TOPICS
大会
2017.07.27

【インハイ】ミニインタビュー「思いきったプレーをしていきたい」ファイナル2試合を制した下江/戸根(和歌山信愛)

女子1日目個人戦:インターハイ2017◎7/22-29福島県会津若松市・会津総合運動公園テニスコート

関連キーワード:
ファイナル2試合を制して2日目に進んだ下江/戸根(和歌山信愛)

ソフトテニス・マガジン9月号発売中です。インハイ会場でもゲットできます!
7月22~29日、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)のソフトテニス競技が福島県会津若松市で開催されている。

7月27日、女子個人戦初日。昨年の団体戦で準優勝を経験した和歌山信愛の3年ペア・下江遥花/戸根鈴華は、2日目残りを懸けて文大杉並の2年/1年ペア・小林愛美/西東彩菜と対戦。下江組にとって小林は昨年の団体決勝でもぶつかった相手だ(昨年のペアリングは小林と当時3年生の前衛だった)。

注目の一戦は、お互い譲らずファイナルへ。最後は下江/戸根が⑦-3で2日目残りをもぎ取った。試合後、信愛のキャプテン・戸根の目からは、安堵の涙がこぼれた。

課題がたくさん見つかった

和歌山信愛の下江

――個人戦初日からファイナルの激戦になりましたね。

下江 しんどかったです。

――こういう戦いになるとは?

下江 組み合わせを見て、この対戦になるかもしれないとは最初から思っていたので、しっかり戸根と話して試合に入れました。本当に戸根が決めるところを決めてくれたので、感謝しています。

――相手の1年生前衛の西東選手との対戦は?

下江 初めてです。1年生らしく強気なプレーで向かってきていました。

――1日目を振り返って。

下江 2日目に残ることができたのですが、今日は課題がたくさん見つかったので、2日目にしっかり改善して、もっともっと思いきったプレーをしたいです。

信愛の雰囲気を大切にやっていきたい

――戸根選手、試合後には思わず目から涙がこぼれていましたね。

戸根 結構しんどい試合で、自分がミスが多かったので(勝てて)うれしくて。今日は1試合目からファイナルだったので。

――明日はどんなプレーをしたいですか?

戸根 明日も思いきって、ダイナミックなプレーをしていきたいと思います。今日は簡単なミスをしたり、チャンスを逃して自分たちが悪い状態になったので、明日はそうならないように。

――信愛のキャプテンとして、最後のインターハイへの思いを教えてください。

戸根 応援してくれる子の分も個人戦も団体戦もしっかり頑張ります。チーム一丸となって、信愛の雰囲気を大切にやっていきたいと思います。

和歌山信愛のキャプテン・戸根

林三千夫監督(和歌山信愛)
「最初緊張ぎみかなと思いましたが、気持ちも乗ってきたと思います。下江も戸根もいいところが出ていました。明日の初戦はハイジャパで負けた鈴木/保科ペアなので、リベンジさせたい。この厳しいヤマを抜けたいと思います」

ファイナル2試合を制して2日目に進んだ下江/戸根(和歌山信愛)★ 男子個人戦のまとめはコチラ
★ 男子個人戦最終結果はコチラ
★ 男子団体戦の結果はコチラ
★ 『会津総合運動公園テニスコートはこんなところ!』 はコチラ
★ インターハイ2017男子団体出場校名鑑はコチラ
★ インターハイ2017女子団体出場校名鑑はコチラ

取材◎深作友子 プレー写真◎川口洋邦

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社