TOPICS
大会
2017.07.29

【インハイ】ミニインタビュー・エースの抱負「チャレンジャーの気持ちで」宮下、「団体日本一が目標」林田

インターハイ2017◎7/22-29福島県会津若松市・会津総合運動公園テニスコート

関連キーワード:
個人戦優勝直後の林田/宮下(文大杉並)はこの笑顔!

7月22~29日に全国高等学校総合体育大会(インターハイ)のソフトテニス競技が福島県会津若松市で開催されている。最終日の29日(土)は女子団体戦の1回戦から決勝まで。

団体戦のシードとして2回戦から登場する文大杉並。前日の個人戦ではエース・林田リコ/宮下こころが連覇を達成した。個人戦後優勝後のコメントと、団体への抱負をお届けする。

絶対浮かれない、キャプテンとしてみんなのために

――個人戦連覇、おめでとうございます。今のお気持ちは?

林田 うれしいんですが、去年と同じで全然実感がないです。マッチポイントを取れた瞬間はうれしかったんですが、団体戦がまだあるので、全然気を抜けないと思います。

宮下 まだ実感がありません。

――勝因は?

林田 自分の持ち味のシュートボールをしっかり打ちきれたことが良かったと思います。

宮下 去年の準決勝、決勝より緊張しなくて、落ち着いてできました。

林田 私は緊張していて、1試合目や同士討ち(準決勝 vs 小松﨑茉代/原島百合香)など競った試合は緊張しました。去年は何も考えず、試合をやった結果優勝という感じだったのですが、今年は連覇を1年間考えてきました。冬はうまくいかなくて、それでも、今年は意識して優勝を達成できたのは、今まで1年やってきたことがよかったんだと思いました。

宮下 最後のインターハイで、1年間追われる立場になるなかで狙って頂点をとる。苦しかったんですが、最後にこういう結果につながって良かったです。

――準決勝の同士討ちを振り返って。

宮下 文大同士なので、意識しないようにしたんですけど、最初は相手がすごく乗っていたのですが、自分たちのペースにできました。

――後輩の小松﨑(1年)/原島(2年)も個人3位で、団体戦が楽しみです。

林田 後衛の小松﨑さんの中学時代の先生が私のジュニアのときのコーチで、住んでいるところも近いので、一緒にジュニアの練習に行ったりする仲の後輩です。負けたくないという気持ちもありましたが、先生に良い報告ができるのがうれしいです。

――団体戦への抱負をお願いします。

林田 個人戦ももちろんですが、団体日本一というのがチームの目標です。絶対に浮かれないで、キャプテンとしてみんなを良い気持ちにできるように、いい声掛けをしていきたいです。

宮下 チームとしてしっかり団体をとれるように。センバツ(文大杉並は16強)では自分が負けてしまったので、チャレンジャーの気持ちで戦いたいと思います。

 

決定力にさらに磨きのかかった宮下

個人戦で準決勝では同士討ちを演じた。後輩の活躍は団体戦に向けて頼もしい

ソフトテニス・マガジン9月号発売中です。インハイ会場でもゲットできます!

★ 女子個人戦の全結果はコチラ
★ 女子個人戦の決勝リポートはコチラ
★ 男子個人戦のまとめはコチラ
★ 男子個人戦最終結果はコチラ
★ 男子団体戦の結果はコチラ
★ 『会津総合運動公園テニスコートはこんなところ!』 はコチラ
★ インターハイ2017男子団体出場校名鑑はコチラ
★ インターハイ2017女子団体出場校名鑑はコチラ

取材◎深作友子 写真◎井出秀人、川口洋邦

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社