TOPICS
インフォ
2017.07.31

『熱中!ソフトテニス部』42号発売中! 新学期に自信が持てる、基本&応用レベルアップ

関連キーワード:

自信を持って新学期へ!

7月25日に発売された『熱中!ソフトテニス部 42号』をご紹介します!
いまやっておけば新学期に自信が持てる、基本&応用レベルアップの技術が満載です。

基本&応用レベルアップ特集1は、都道府県全中ダブルス&シングルスVの修大附鈴峯中が登場。『新たな武器で、戦い方の幅を広げよう!』がテーマで、5ステップを紹介しています。

戦い方の幅を広げる5ステップ

(1)7コースのレシーブ→ショットの使い分けで攻撃の幅を広げる
(2)回り込みフォアの3パターン→カットができれば相手を動かせる
(3)バックでツイスト&カット→相手のセンター狙いを攻撃に変える
(4)ストロークで仕掛けて前へ→ハイボレーをマスターし、攻撃力アップ!
(5)場面設定練習で実践→より実戦力&集中力を高めて練習

基本&応用レベルアップ特集2は、日本代表経験も豊富な篠原秀典選手による『意識をちょっと変えるだけ→基本技術がグンと伸びる!』。日体大女子ソフトテニス部のコーチでもある篠原選手が、ちょっとの意識改革で、ミスが少なくなったり、得点をゲットできる技術、戦術を教えてくれます。すぐにできる、神経系トレーニングも必見です。

『トップ選手に学ぼう!』は全日本実業団選手権2位の東芝姫路が打ち分けをマスターしてステップアップする方法を中学生に伝授。『U-14合宿の練習からレベルアップのヒントをつかめ!』は、女子の早い準備でラリーを制する技術(後衛編&前衛編)から始まり、早い準備を可能にする身体作りまで。男子は中学生のための体幹トレーニングです。

みんなのあこがれU-14選手

『私の中学時代』は、2016年アジア選手権ダブルス準優勝の丸山海斗選手が、ウチマル誕生の意外な秘話と、全中連覇までにキャプテンとして葛藤した中学時代を告白。『答えて先輩』は、高校時代にケガで苦しんだというナガセケンコーの花泉美選手が、悩める中学生に寄り添ったアンサーを送ってくれました。

部活訪問は茨城の明光中。U-14の連続写真は松江第四中3年の高木智也選手がバックハンドストローク、フォアハンドストロークを実演。左利きのきれいなフォームは参考になります。

連載はU-20兼平トレーナーのウォームアップメニュー、『マイ・テニスノート』はインハイ男子団体優勝羽黒高1年生・荒木駿選手、マンガでルールを覚える新連載『審判教室リターンズ』、インハイ女子2冠の文大杉並高・野口英一監督による『勝利への階段』etc.

ぜひ誌面でチェックしてください。

Amazonでお求めの方はコチラ
弊社サイトの案内はコチラ

ソフトテニス・マガジン編集部

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社