TOPICS
大会
2017.08.05

【インハイを振り返る】「意地を見せられた」(相洋・帆足監督)、「なかなか壁は厚いです」(札幌龍谷・水間監督)、「力を出しての5位だった」(山陽女子・後藤監督)

インターハイ2017◎7/22-29福島県会津若松市・会津総合運動公園テニスコート

関連キーワード:

7月22~29日に福島県・会津若松市で開催されたインターハイのリポートは、8月26日(土)発売のソフトテニス・マガジン10月号に掲載します(Amazonで予約はコチラ)。現在鋭意作成中です、しばしお待ちください。

発売日まで待ちきれないという方に、誌面に載せきれないコメントと写真とともにインハイを振り返ります。本日は女子団体5位・札幌龍谷学園、山陽女子、相洋のコメントをお届け!

相洋

「3年の入っている髙宮/矢野、神﨑/平本ペアがウチの中心となるペアです。髙宮/矢野は個人戦の16本決めで突然崩れ敗戦したのですが、しっかり立て直して団体をやれました。団体戦は2戦目の指宿商業との3番勝負で1年の川嶋/伊東が頑張ってくれて次につなげて。その後も高岡西戦では神﨑がG1-3からまくった。意地を見せられた」と帆足仰監督。

準々決勝は文大杉並との関東対決に。神﨑/平本は林田/宮下に対し2ゲームを先行するもファイナル惜敗。「最後は力の差が出たと思いますが、頑張って戦いになりました。髙宮/矢野は勝利して3番勝負になった。3番勝負は1年ペアどうし、もう少しやりきれれば違う展開があったのかもと思いますが、1年生だから次の大会につなげてくれれば」(帆足監督)

文大相手に粘り強い戦いを見せた相洋(神奈川)

札幌龍谷学園

昨年に続く5位に「なかなか壁は厚いです」と水間俊佑監督。「苦しい戦いのなかベスト8に入れたのはよく頑張った」と選手をたたえた。昨年からのメンバーで主将の高橋紅羽は佐藤日和との後衛どうしのペアで、前後変幻自在の陣形でポイントを重ねた。

昨年同様の5位となった札幌龍谷

山陽女子

昨年全中優勝を成し遂げた山陽女子中から長谷川/立花(全中個人戦も制覇)、原田、井上が即戦力として戦い5位へと駆け上がった。この4人に杉山も合わせて出場選手5人が1年生というメンバーでの入賞に「上出来だと思います。力を出しての5位だったかなと」と後藤明弘監督。三重との準々決勝は敗れたがこれからが楽しみな存在だ。

3年で主将の柴原は「自分たちのペアが勝てなかったので悔しいですが、5位はうれしい。後輩は頼もしかった」

取材・構成◎深作友子 写真◎井出秀人、川口洋邦

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社