TOPICS
大会
2017.08.27

【日韓中ジュニア】男女ともU-17がライバル韓国を圧倒!

日韓中ジュニア交流競技会◎8/25~27茨城県・笠間市総合公園テニスコート

関連キーワード:
U-17から6選手が選抜された男子日本チームと開催地の男子茨城チーム

山根/根本はG⑤-0で韓国ペアに快勝!

今年は日本での開催となった日韓中ジュニア交流競技会が茨城県で行われ、ソフトテニス競技は8月25日(金)~27日(日)の3日間、笠間市総合公園テニスコートを会場に試合を行った。

ダブルス3試合、シングルス2試合で争われる国別対抗戦。全日本U-17から選抜された日本チームは、男女とも初日に中国に全勝で快勝すると、2日目の26日(土)には日本代表としての長年のライバルである韓国と対戦した。

男子は上岡俊介/広岡宙(上宮高)のダブルスを皮切りに、北本達己(高田商業高)のシングルス、北本/林湧太郎(高田商業高)のダブルスが勝利。広岡のシングルスはファイナルの末に敗れたが、続く山根稔平/根本大地(高田商業高)のダブルスは韓国ペアを0に抑えて圧倒した。

女子は全勝で韓国を制す!

女子は下江遥花/島津佳那(和歌山信愛高/千代田女学園高)のダブルス、片野理音(東北高)のシングルス、竹田真樹/小松芹奈(三重高/東北高)のダブルス、下江のシングルス、片野/土井あんず(東北高/三重高)のダブルスの計5本で全勝と全日本U-17として全体的なレベルの高さを見せた。

また、競技会には地元・茨城の高校生により編成された茨城代表も参加。男女とも初日の韓国戦には敗れたものの、2日目の中国戦では男子は⑤-0、女子は③-2で勝利した。

最終日の8月27日(日)には、男女とも日本代表が茨城選抜を下して、3戦全勝で日程を終えている。
(※28日10:50、最終日の結果を追記しました)

●男子日本チーム(U-17選抜)
上岡 俊介(上宮高)
広岡  宙(上宮高)
林 湧太郎(高田商業高)
山根 稔平(高田商業高)
北本 達己(高田商業高)
根本 大地(高田商業高)

●女子日本チーム(U-17選抜)
島津 佳那(千代田女学園高)
下江 遥花(和歌山信愛高)
片野 理音(東北高)
小松 芹奈(東北高)
竹田 真樹(三重高)
土井あんず(三重高)

女子日本チームと女子茨城チーム

男子結果
25日(1日目)

日本 ⑤-0 中国
上岡/広岡 ⑤-0
北本 達己 ④-0
山根/根本 ⑤-0
広岡  宙 ④-2
北本/林  ⑤-0

韓国 ④-1 茨城

26日(2日目)

日本 ④-1 韓国
上岡/広岡 ⑤-1
北本 達己 ④-1
北本/林  ⑤-2
広岡  宙 3-④
山根/根本 ⑤-0

茨城 ⑤-0 中国

27日(3日目)

日本 ⑤-0 茨城
上岡/広岡 ⑤-0 矢﨑/奥野
林 湧太郎 ④-3 藤沼 優人
山根/根本 ⑤-2 菊池龍/菊池俊
上岡 俊介 ④-0 奥野 尚輝
北本/林  ⑤-1 藤沼/小栁

韓国 ④-1 中国

女子結果
25日(1日目)

日本 ⑤-0 中国
下江/土井 ⑤-0
小松 芹奈 ④-3
片野/島津 ⑤-1
下江 遥花 ④-0
竹田/小松 ⑤-0

韓国 ④-1 茨城

26日(2日目)

日本 ⑤-0 韓国
下江/島津 ⑤-4
片野 理音 ④-2
竹田/小松 ⑤-2
下江 遥花 ④-0
片野/土井 ⑤-2

茨城 ③-2 中国

27日(3日目)

日本 ④-1 茨城
竹田/小松 ⑤-0 金子/星野
片野 理音 1-④ 矢島 万葉
下江/土井 ⑤-0 田中/富森
竹田 真樹 ④-0 金子  怜
片野/島津 ⑤-1 矢島/小嶋

韓国 ⑤-0 中国

取材・文◎田辺由紀子 写真◎矢野寿明

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社