TOPICS
大会
2017.09.07

2018年のインターハイは7/30~8/6に三重県鈴鹿市・三重交通Gスポーツの杜鈴鹿庭球場で開催

2018年インターハイ情報

関連キーワード:
正式名称は2018(にーまるいちはち)彩る感動 東海総体。写真は2017年インターハイ予選を戦う三重高メンバー(会場は伊勢市市営庭球場)

1983年以来の三重県開催

2018年インターハイの日程が発表されている。ソフトテニス競技は7月30日(月)~8月6日(月)に三重県鈴鹿市・三重交通Gスポーツの杜鈴鹿庭球場で開催。競技は7月31日(火)~8月2日(木)、8月4日(土)~6日(月)に行われる。2017年はやや前倒しの開催だったが、2018年はほぼ例年通りの日程に。

三重交通Gスポーツの杜鈴鹿庭球場。5月のU-14合宿にて

三重県でインターハイのソフトテニス競技が開催されるの1983年大会以来。当時、伊勢市で行われたインターハイで、男子は三重高が個人・団体の2冠を果たしている。2冠を成し遂げたのは、現三重高女子の神崎公宏監督(/川原田秀雄)。三重は初の団体優勝、地元での2種目制覇も男女を通して初だったという。来年のインターハイは、地元三重勢に注目しよう。

『軟式テニス』1983年10月号より、1983年のインハイで個人・団体2冠の神崎(/川原田)。当時の誌面に「冷静な表情が印象的」「さほど危ない場面はなかった」と書かれている

2017年のインハイで準優勝の三重高。後列左端が神崎監督

2018年インターハイの公式HP

文◎ソフトテニス・マガジン編集部 写真◎BBM、井出秀人(2017年インターハイ)、江見洋子(三重交通Gスポーツの杜鈴鹿庭球場)

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社