TOPICS
大会
2017.10.07

【国体】成年女子・ヒロインインタビュー千葉の大久保「絶対に決めたいと思っていました。最高です!」

第72回国民体育大会◎10/6~9八幡浜・大洲地区運動公園テニスコート(成年)、今治市営スポーツパークテニスコート(少年)

関連キーワード:
千葉の優勝を決めた大久保京香。昨年も千葉の一員として出場し、準々決勝では自身はシングルスで勝利もチームは1-②で敗れて敗退した

八幡浜・大洲地区運動公園テニスコートで行なわれた第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐ えひめ国体」のソフトテニス競技・成年女子。2年ぶりの優勝を果たした千葉において、2番のシングルスで優勝に貢献したのが大久保京香(慶應義塾大)だ。

初日の1回戦こそ岩手の高橋乃綾にG1―④で敗れたものの、準々決勝では福岡の永末慈にG④-1で勝利。2日目の準決勝・福島との一戦は1番が取られた状況で臨み、那須暁帆にG2-3と先行されながら、ファイナルの末に逆転勝ちして、決勝進出への足がかりを作った。逆に1番を取って回ってきた京都との決勝では、七尾美咲にG3-0からG3-2まで追い上げられたものの、最後はG④-2で振り切った。

成年のメンバーとして初めて国体に臨んだ昨年、準々決勝で愛知に敗れて3連覇を逃した雪辱を果たしての日本一。うれし涙のち笑顔のヒロインに、喜びの声を聞いた。

斎藤監督から「大久保らしく、気持ちでやっていけ」と

――優勝おめでとうございます。最終日の準決勝は1番を取られた状況で、一時はリードを許しましたが、どんなことを考えて臨んでいましたか?

大久保 思い切って、悔いが残らないプレーをすることを考えていました。負けていても、何本でも取るぞ、という気持ちで、受け身になるのでなく、攻めていこうと。

――逆に決勝は1番を取った状況で回ってきて、G3-0とリード。第4Gではマッチもつかみましたが決め切れず、G3-2まで追い上げられました、チェンジサイズの際に齋藤広宣監督から、どんな言葉をかけられましたか?

大久保 「相手は何も変わっていないから、大久保らしく、気持ちでやっていけ」と言われました。第5ゲームはその通りに迷わず、しっかりやることができたと思います。

――昨年は準々決勝で敗れているので、国体優勝への思いは強かったのではないですか。

大久保 去年もシングルスで出場しましたが、優勝はできませんでした。千葉は応援がすごいので、みんなの気持ちに応えたいと思っていたんです。自分は日本一を獲ったことがなく、経験したいという思いもありましたし、大学4年生で最後なので、悔いなく終わりたいとも思っていました。

――最後は自ら勝利をつかみ、日本一を勝ち取りました。

大久保 絶対に決めたいと思っていました。最高です!

>>成年男子・女子の結果はこちら

取材・文◎石倉利英 写真◎川口洋邦、石倉利英

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社