TOPICS
大会
2017.10.08

【国体】少年女子・あす準決勝は東京vs和歌山、三重vs神奈川。文大杉並高、三重高らが勝ち上がる

第72回国民体育大会◎10/6~9八幡浜・大洲地区運動公園テニスコート(成年)、今治市営スポーツパークテニスコート(少年)

関連キーワード:
三重高単独チームの三重。選抜Vチームが、高校の頂を狙う

東京、和歌山、三重、神奈川がベスト4

第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐ えひめ国体」のソフトテニス競技は8日、今治市営スポーツパークテニスコートで少年男女の初日が行なわれ、全21チームが参加した女子は東京、和歌山、三重、神奈川がベスト4に進んだ。

インターハイで個人・団体の2冠を達成している文大杉並高の単独チームである東京は、初戦の2回戦で宮城、準々決勝では新潟を下した。和歌山信愛高の単独チーム、和歌山は初戦の2回戦で岡山、準々決勝では鹿児島を撃破。東京と和歌山は準決勝で対戦する。

春の選抜優勝の三重高の単独チーム、三重は、初戦の2回戦で埼玉、準々決勝では福岡を下した。インターハイ8強の相洋高のほか、川崎橘高、日大藤沢高の混成チームで臨んだ神奈川は、初戦の2回戦で大分、準々決勝では春の選抜準優勝、インターハイ3位の修大附鈴峯高の単独チームで臨んだ広島を破った。三重と神奈川は準決勝で対戦する。

明日は同会場で8時30分から準決勝、11時30分から決勝が行なわれる。このほか3位決定戦や、ベスト8に進出したチームによる順位決定戦を行ない、5位から8位までの順位も決まる。

東京の林田リコ(文大杉並高)は単複で活躍。新潟戦では林田/宮下で強敵・鈴木/保科(北越高)を破った

宮城との2回戦で3番勝負を制した東京の鈴木(右)/西東

三重の竹田/久保(写真手前)。三重はワンピースウェアーを着用

少年女子準決勝カード

東京 vs 和歌山
三重 vs 神奈川

少年女子準々決勝

東京 ②-0 新潟
林田/宮下 ④-3 鈴木/保科
小林 愛美 ④-1 前山  愛

和歌山 ②-0 鹿児島
下江/戸根 ④-1 中崎/下柳田
浅倉 衣里 ④-2 加 奈乃佳

三重 ②-1 福岡
竹田/久保 1-④ 原口/久保
福田 麗優 ④-0 酒井 葵衣
松永/土井 ④-0 谷水/隈元

神奈川 ②-1 広島
杉田/鈴木 0-④ 笠井/森本
桑野 ④-0 奥田 結依
安土/矢野 ④-2 廣澤/白木

>>成年男子・女子の結果はこちら

>>少年男子の結果はこちら

取材・文◎石倉利英 写真◎川口洋邦

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社