TOPICS
大会
2017.10.22

【全日本選手権】皇后杯2日目は林田/宮下が8強入り、準々決勝は冨田/小林と対戦

第72回天皇賜杯・皇后賜杯全日本選手権大会◎10/20~23前橋総合運動公園テニスコート

関連キーワード:
昨年は16強だった林田リコ/宮下こころが8強進出!

10月22日(日)の試合は雨天により中止。23日(月)に順延となりました(10月22日9:45追記)

社会人6組、大学生1組、高校生1組が勝ち上がる

10月20日(金)~22日(日)に群馬県・前橋総合運動公園テニスコート開催されている『第72回天皇賜杯・皇后賜杯全日本選手権大会』。

超大型の台風21号が関東地方に近づく中、初日の20日は2回戦(64本決め)まで行われ、きょう2日目の21日は3回戦からスタート。前日よりも激しい降雨の中での戦いとなり、男子は準々決勝4試合のうち1試合のみ行われ、残り3試合の4強決めは最終日に持ち越しとなった。女子は8強までが出そろった。

この雨の中、男子同様、女子でもノーバウンドでの対応がカギといえた。ある関係者は「前衛が『今日の主役は私だ』と思ってプレーできる選手が勝つ」と話していたが、力のある前衛を擁する社会人6組、大学生1組、高校生1組が8強入りを果たした。

攻撃型並行陣・冨田/小林が昨年女王を破る

冨田真愛(どんぐり北広島)

小林美咲(どんぐり北広島)

女子(1)のブロック、昨年の覇者であり、第1シードの志牟田智美/地中葵(神戸松蔭女子学院大)は、8強決めでどんぐり北広島の冨田真愛/小林美咲に1で屈した。どん北の冨田/小林はともに前に出てネットプレーができる攻撃型並行陣。この天候の中でも、ノーバウンド処理が得意なだけに有利な試合運びができる。

今夏インハイ個人・団体2連覇達成の林田リコ/宮下こころ(文大杉並高)が堂々のベスト8入りを果たした。8強決めで優勝候補の一角でもあった小谷菜津美/大槻麗(ダンロップ)に対し2で勝利。林田は雨の中でも伸びのあるシュートも織り交ぜ、ときに前にも出てネットプレーを見せ、宮下はしっかりと要所を締め、攻守をメリハリよく切り替えていた。22日の準々決勝で林田/宮下は文大杉並高の先輩である冨田/小林と対戦する。

女子(2)のブロックでは西岡真里華/古田麻友(関西大)と徳川愛実/黑木瑠璃華(ヨネックス)が準々決勝進出を決めた。徳川/黑木は8強決めで攻撃型並行陣の田辺恵理/榎本有花(どんぐり北広島)との激戦をファイナルで制している。G2-4とリードを許したあとの第8ゲーム、それまでミスもあった黑木が意地を見せ、次々とスマッシュを決めると流れが変わり、徳川が忍耐のストロークを貫き、逆転勝利となった。

徳川愛実/黑木瑠璃華(ヨネックス)

女子(3)のブロックから準々決勝を決めた2組は、8強決めをファイナル勝ち。貝瀬ほのか/黒田麻衣(ヨネックス)は昨年2位の若田実友子/泉谷朋香(東芝姫路)を、中川瑞貴/芝崎百花(ナガセケンコー)は親見桃花/福田茉畝(神戸松蔭女子学院大)を振りきった。

女子(4)のブロックでは、第2シード・森田奈緒/神谷絵梨奈(ヨネックス)が4回戦で山田優菜/土井さくら(松阪興産)にファイナル負けを喫す。山田/土井は三重高時代のペアで、その後も勝利し、8強入り。昨年3位の高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島)は8強決めでダイナミックテニスの河村佳奈/松本英里佳(ワタキューセイモア)とのファイナルの接戦を執念でもぎ取った。

これほどの降雨の中で行われている国内最高峰の個人戦。選手たちは相手だけではなく、天候とも戦いながら、頂点を目指す。そして、また、大会スタッフもチェンジコートごとにスポンジやブラシで水を取るなど、コート状態を少しでもよくしようと奮闘していた。今大会、コート整備担当のスタッフだけで90人に及んでいるという。

10月22日(日)女子準々決勝カード※雨天順延
冨田真愛/小林美咲(どんぐり北広島)vs
林田リコ/宮下こころ(文大杉並高)

西岡真里華/古田麻友(関西大)vs
徳川愛実/黑木瑠璃華(ヨネックス)

貝瀬ほのか/黒田麻衣(ヨネックス)vs
中川瑞貴/芝崎百香(ナガセケンコー)

高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島)vs
山田優菜/土井さくら(松阪興産)

女子2日目までの結果

男子2日目の結果
全日本選手権過去の記録

 

取材・文◎八木陽子 写真◎井出秀人

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社