TOPICS
大会
2017.10.23

【全日本選手権】NTT西日本対決を制し、水澤は3年ぶり2度目の栄冠、村上は3度目の決勝でうれしい初優勝

第72回天皇賜杯・皇后賜杯全日本選手権大会◎10/20~23前橋総合運動公園テニスコート

関連キーワード:
天皇杯優勝のNTT西日本・村上雄人/水澤悠太

全日本社会人決勝の再戦は繊細な裏のかき合い

10月20日(金)~23日(月)に群馬県・前橋総合運動公園テニスコートで開催された『第72回天皇賜杯・皇后賜杯全日本選手権大会』。台風21号の影響により10月22日の競技を23日に順延して行われた。

10月22日に、すでに4強入りを決めていた上岡俊介/広岡宙(上宮高)以外の6組は、23日は準々決勝からスタート。8強に3組が残ったNTT西日本勢は、水澤悠太/村上雄人がインカレ覇者の本倉健太郎/丸山海斗(明治大)を圧倒、丸中大明/長江光一は、増田健人/九島一馬(和歌山県庁/ミズノ)との接戦を制して、それぞれ4強入りを果たした。

また、今年は今大会のみの出場となった篠原秀典/小林幸司(日体桜友会/ミズノ)が、熟練のダブルフォワードで、昨年優勝の後衛・船水颯人と上松俊貴の早稲田大ペアを退けて準決勝進出を決めた。

準決勝では、水澤/村上が強力なダブルフォワードで上岡/広岡を3に抑えて、先に決勝進出。丸中/長江と篠原/小林の準決勝は接戦となったが、G3-3からバリエーションのある展開で揺さぶった丸中/長江が終盤を掌握して勝利。決勝はNTT西日本同士の対戦となった。

9月の全日本社会人決勝の再戦となった水澤/村上、丸中/長江の決勝。互いにダブルフォワードの早い展開を持ち味とするペアだが、手の内を知り尽くしているだけに、逆にカギはいかに雁行陣の展開を使うか、どう相手のフォーメーションと心理を揺さぶるかという繊細な裏のかき合いでもあり、そこもこの一戦の見どころだった。

全日本社会人で敗れた水澤/村上だが、今大会では「リードされた場面でも最後まで冷静にプレーできた」(村上)、「劣勢でも気持ちを前面に出してプレーした」(水澤)と、これまでの練習試合での蓄積を駆使。ファイナルでは丸中/長江のミスを誘って連続得点で、同士討ちを制して優勝を果たした。

水澤は2014年に長江とのペアで優勝しており、3年ぶり2度目の栄冠、村上は3度目の決勝にしてうれしい初優勝となった。

天皇杯大会上位者

優勝:水澤 悠太/村上 雄人(NTT西日本)
準優勝:丸中 大明/長江 光一(NTT西日本)
3位:上岡 俊介/広岡  宙(上宮高)、篠原 秀典/小林 幸司(ミズノ)
5位:岩﨑 圭/原 侑輝(NTT西日本)、本倉健太郎/丸山海斗(明治大)、増田健人/九島一馬(和歌山県庁/ミズノ)、船水颯人/上松俊貴(早稲田大)

決勝スコア

水澤 悠太/村上 雄人 ⑤―4 丸中 大明/長江 光一

準決勝①スコア

水澤 悠太/村上 雄人 ⑤―3 上岡 俊介/広岡  宙

準決勝②スコア

丸中 大明/長江 光一 ⑤―3 篠原 秀典/小林 幸司

準々決勝スコア

上岡 俊介/広岡  宙 ⑤―3 岩﨑  圭/原  侑輝
水澤 悠太/村上 雄人 ⑤―1 本倉健太郎/丸山 海斗
丸中 大明/長江 光一 ⑤―4 増田 健人/九島 一馬
篠原 秀典/小林 幸司 ⑤-3 船水 颯人/上松 俊貴

天皇杯優勝:水澤 悠太/村上 雄人(NTT西日本)

天皇杯準優勝:丸中 大明/長江 光一(NTT西日本)

皇后杯の最終結果はこちら

☆天皇賜杯・皇后賜杯全日本選手権大会のリポートはソフトテニス・マガジン1月号(11/27発売)に掲載します☆

取材・文◎田辺由紀子 写真◎井出秀人

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社