TOPICS
大会
2017.11.22

11/25-26 上松俊貴、林田リコらナショメンバーも参戦! U-20、U-17、U-14の単複決戦、ジュニアジャパンカップ出場選手

競技者育成プログラムStep-4第12回ジュニアジャパンカップ◎11/25-26宮崎県・生目の杜運動公園テニスコート他

関連キーワード:
U-20に参戦するナショメンバーたち。左から内本隆文(早稲田大)、上松俊貴(早稲田大)、林田リコ(文大杉並高)、貝瀬ほのか(ヨネックス)

2018年度の全日本アンダー選手選考を兼ねた『競技者育成プログラムStep-4第12回ジュニアジャパンカップ』が11月25日(土)、26日(日)に宮崎県宮崎市・生目の杜運動公園テニスコート他で開催される(24日、27日は強化練習)。Step-3の選手たちおよび2017年度の全国大会上位入賞者が、U-20、U-17、U-14のカテゴリーに分かれ、25日(土)にシングルス、26日(日)にダブルスで頂点を争う。この大会の成績および心技体の要素から、2018年度の全日本アンダー選手が決定される。

シングルスおよびダブルスの組み合わせは24日(金)夜に決定予定。U-20カテゴリーにはトップで活躍するナショナルメンバーも参戦する。入場無料で誰でも観戦可。出場選手は以下の通り。

※大学生および社会人の( )は所属

●U-20男子
林  民生(宮城県)
金子  凌(山形県)
高倉 和毅(東京都)
田島 知征(群馬県)
土佐 遼汰(千葉県)
田辺 達也(新潟県)
草野 湧凱(岐阜県)
大橋 和生(奈良県)
松山  新(和歌山県)
丸山  章(広島県)
水津 涼平(島根県)
林 誠太朗(香川県)
川﨑 浩希(宮崎県)
森  洸太(熊本県)
上岡 俊介(大阪府)
広岡  宙(大阪府)
山根 稔平(奈良県)
北本 達己(奈良県)
根本 大地(奈良県)
阪本  崚(奈良県)
小田 龍翔(広島県)
本倉健太郎(明治大)
丸山 海斗(明治大)
長尾 景陽(早稲田大)
内本 隆文(早稲田大)
高村 悌紳(関西外国語大)
谷口  睦(関西大)
金子 大祐(明治大)
中平 慎吾(明治大)
米澤  要(明治大)
星野 雄慈(日本体育大)
上松 俊貴(早稲田大)
内田 理久(早稲田大)
中島 啓輔(関西外国語大)
高橋 圭介(早稲田大)
瀬口 翔太(トヨタ自動車)

●U-20女子
原田 由文(宮城県)
森合 弥代(福島県)
川村 真帆(東京都)
矢野 礼実(神奈川県)
山崎 結貴(富山県)
中別府瑞希(三重県)
久保 晴華(三重県)
古屋沙也加(兵庫県)
浦口 華音(和歌山県)
森本 彩鼓(広島県)
石原 侑佳(愛媛県)
酒井 葵衣(福岡県)
加 奈乃佳(鹿児島県)
島津 佳那(東京都)
小松 芹奈(宮城県)
下江 遥花(和歌山県)
土井あんず(三重県)
片野 理音(宮城県)
林田 リコ(東京都)
宮下こころ(東京都)
鈴木 愛香(新潟県)
保科  葵(新潟県)
福田 麗優(三重県)
笠井 佑樹(日本体育大)
下地 彩可(関西外国語大)
鈴木 梨沙(明治大)
小山  舞(早稲田大)
矢多部美弥(神戸松蔭女子学院大)
福田 茉畝(神戸松蔭女子学院大)
吉田 栞里(ヨネックス)
芝崎 百香(ナガセケンコー)
元村 華楠(城山観光ホテル)
古田 麻友(関西大)
貝瀬ほのか(ヨネックス)
笠井菜々子(広島県)

●U-17男子
水木  瑠(宮城県)
福田 成海(宮城県)
齋藤 龍二(山形県)
下田 好輝(群馬県)
山下 真央(千葉県)
櫻井 恒暢(群馬県)
内藤 慎思(東京都)
大森  柊(栃木県)
夏目 悠也(福井県)
生駒 泰貴(富山県)
小林 将貴(新潟県)
西  泰右(三重県)
大谷 陽登(三重県)
池口 季将(奈良県)
下原 涼太(奈良県)
中別府 凌(奈良県)
松田 蒼生(山口県)
真玉 大輔(島根県)
中川 健太(山口県)
白川 雄己(香川県)
江尻 優太(香川県)
林田 勇人(福岡県)
境  颯汰(熊本県)
中村 日紀(熊本県)
梅村 啓伍(福岡県)
森田 晴紀(宮崎県)
林 湧太郎(奈良県)
幡谷 康平(埼玉県)
竹谷 航洋(埼玉県)
北野 敦貴(福島県)
星 虎太朗(福島県)
矢野 颯人(和歌山県)
濵田  祐(和歌山県)
大村圭志朗(大阪府)
田中 翔大(大阪府)
北野 亮介(宮城県)
鈴木 竜弥(宮城県)
根本 拓哉(山形県)
端山 羅行(石川県)
大友  駿(岐阜県)

●U-17女子
小林 世音(宮城県)
矢作 舞彩(宮城県)
冨岡 愛樺(岩手県)
赤川友里奈(埼玉県)
小林 愛美(東京都)
西東 彩菜(東京都)
齋木菜々花(千葉県)
江頭 明凛(東京都)
平本 茜里(神奈川県)
水澤 奈央(新潟県)
木村 日恵(長野県)
前山  愛(新潟県)
藤城みちる(三重県)
井本 寛乃(愛知県)
木瀬 晶絵(兵庫県)
松井 玲奈(和歌山県)
根岸楓英奈(大阪府)
石井美々花(岡山県)
中野  舞(岡山県)
長谷川憂華(岡山県)
真木祐梨菜(愛媛県)
宮田 叶菜(徳島県)
谷水 鈴香(福岡県)
岩浦 桜子(宮崎県)
石野 由佳(福岡県)
岡田  舞(福岡県)
隈元 文香(福岡県)
竹田 真樹(三重県)
奥田 妃奈(岡山県)
藤原 麻央(岡山県)
武市明香里(広島県)
井上 爽蘭(岡山県)
辻 ひまり(愛知県)
石川 奈美(愛知県)
原口 美咲(福岡県)
久保 菜月(福岡県)
小松﨑茉代(東京都)
原島百合香(東京都)
上野 小町(大阪府)
吉田 澪奈(大阪府)
鈴木 優美(神奈川県)
中川 利李(山形県)

●U-14男子
佐藤 駿丞(山形県)
白幡 冬馬(山形県)
中村 倖青(宮城県)
菅野晃太朗(神奈川県)
松本 翔太(東京都)
金井 亮太(群馬県)
高橋 海斗(埼玉県)
佐藤亜結夢(茨城県)
松本  隼(石川県)
辻花  陸(石川県)
中川 遥斗(福井県)
仲川 晴智(三重県)
近藤 拓空(三重県)
広岡 大河(大阪府)
片岡 暁紀(兵庫県)
上通 弘夢(兵庫県)
森川 亮介(広島県)
武市 大輝(山口県)
松本 雅久(広島県)
川神 堅汰(鳥取県)
河村 真翔(香川県)
鈴木亮太朗(香川県)
野田 楓磨(福岡県)
中原 壮琉(熊本県)
永江孝二郎(福岡県)
平山 綾一(熊本県)
大薗 柊斗(鹿児島県)
五十嵐涼介(宮城県)
根岸 澪紋(埼玉県)
小泉 瑠唯(埼玉県)
後藤 優斗(和歌山県)
木内 陸人(和歌山県)
小笠原凰太(静岡県)
小島 大輝(静岡県)
中内 謙秀(三重県)
角谷 泰志(三重県)
菊山 太陽(和歌山県)
團野 佑紀(三重県)

●U-14女子
松橋 由依(岩手県)
天間 美嘉(青森県)
高橋  偲(岩手県)
五十嵐美結(東京都)
左近 知美(群馬県)
星  絢菜(千葉県)
生井沢日向子(茨城県)
小林 彩音(東京都)
榎本 優紗(長野県)
小林 美郷(新潟県)
川原 萌香(石川県)
大友 紅美(岐阜県)
横幕あすみ(岐阜県)
青松 淑佳(大阪府)
永橋 舞雪(大阪府)
岸浦 咲歩(兵庫県)
野津 乙笑(広島県)
清家 青空(広島県)
永山 姫鞠(岡山県)
山岡 鈴芽(愛媛県)
黒川 愛結(愛媛県)
高嶺 心萌(沖縄県)
木原ひなた(長崎県)
安藤 杏華(宮崎県)
江口咲礼紗(長崎県)
岩﨑莉緒菜(大分県)
前川 愛生(兵庫県)
中谷さくら(兵庫県)
田中  栞(栃木県)
桑木 愛花(栃木県)
高野 鈴奈(東京都)
高野 蓮奈(東京都)
田中 美和(滋賀県)
向畑奈々未(滋賀県)
濱島 怜奈(広島県)
徳永 栞波(岡山県)
松岡 琴美(岡山県)
半田穂乃花(山形県)
原田 美結(北海道)

『競技者育成プログラムStep-4第12回ジュニアジャパンカップ』
25日(土) 9:00
シングルス(U-14、17:生目の杜運動公園、U-20:久峰総合公園)
26日(日) 9:00
ダブルス、表彰式(生目の杜運動公園)

2017年度ナショナルチーム名鑑はこちら

2017年度全日本アンダーはこちら

文◎ソフトテニス・マガジン編集部 協力◎宮崎県ソフトテニス連盟 写真◎井出秀人、福地和男

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社