TOPICS
プレー&コラム
2017.12.01

届かないボールに届くために。ハードコートでどれだけ「滑れる」か

【WEB連載】船水颯人『JKTへの道』#34 滑る話

関連キーワード:

2018年のアジア競技大会は男女シングルス、ミックスダブルス、国別対抗の全5種別。来年4月に行われる第18回アジア競技大会日本代表予選会はシングルスでの開催となった。ハードコートでのシングルスでカギになるのは「滑る」ことだという。

ソフトテニスマガジン・ポータルでは、船水颯人の2018年ジャカルタ(JKT・ソフトテニス競技はパレンバンで開催)アジア競技大会に向けた取り組みをインタビュー連載で追っていく。船水颯人『JKTへの道』第34回は「滑る」話。

船水颯人/ふねみず・はやと 1997年1月24日生まれ、20歳。青森県出身。身長170㎝、右利き、後衛。黒石烏城クラブ(小1)→黒石中→東北高→早稲田大3年

鍛えてきたのは動きのスピードを上げるため

――日本連盟の機関誌で長江光一選手が第1回アジアカップ(8月)での、船水選手の体幹の強さについて触れていました。「抜群のフットワークでバックハンドに攻め込まれたボールをスライス回転ではなく、ドライブで対処していました。スプリットステップとフットワーク技術、そして体幹の強さがそれを支えていると感じました」と。

動きのスピードを上げるために体を鍛えてきましたから。速い展開になっても、ついていく体作りです。体勢が多少崩れても打ち返せるようにしています。

個人的にはクレーコートで思った通りに動けて、差し込まれても打ち返すことができたのは収穫でした。昨年11月から取り組んでいたことだったので。ただ、ハードコート(アジア競技大会)になると、また状況は変わってきます。

――パワーがついて、自身のテニスは変わりましたか。

いろいろな意見があると思いますが、僕は変化を実感しています。ただ、僕は速いボールを打つために筋力トレーニングをしてきたわけではありません。アスリートとして、必要最低限の体作りをしているだけです。

実際、打てるショットのバリエーションは増えました。2年前の全日本シングルスの優勝と今年の優勝とでは、試合内容が大きく違いますから。

「滑る」には、まず恐怖心を捨てること

――来年4月にアジア競技大会の日本代表予選会が行われます。2018年のアジア競技大会は、個人の種別から男女ダブルスがなくなり、男女シングルスとミックスダブルスです(国別対抗は2ダブルス&シングルス)。このレギュレーション変更についてはどう思いますか。

驚きましたが、決定事項なので受け入れるだけです。いまはシングルスに向けて準備をしています。ハードコートの練習量は増やしていかないと。

――ハードコートでシングルスを戦う上で気をつけるべきことは?

どれだけ「滑れる」かどうかです。ハードコートで滑るのは意外に難しくて。身長が高くて、リーチがあれば届くボールも、身長の低い僕は届かないので……。僕はあと一歩、半歩が足りないから。ハードコートは下(地面)が硬くて、ラリーが長くなる傾向にあるので、そこは気をつけたいです。

――「滑る」という感覚について、もう少し詳しく教えてください。

フットワークのスキルの一つです。ソフトテニスは、縦横にいかに動けるかどうかが大事なので。守備範囲は硬式テニスよりも広いと思います。

――その滑る練習はするのですか。

練習から慣れておかないとできません。まず恐怖心を捨てること。下に砂が敷いてあれば、滑るのですが、ハードコートのように下が硬いと簡単にはいきません。最初は怖いんですけどね。足首をひねって、ケガをする可能性もありますから。

――コツはあるのですか。

人それぞれの感覚だと思いますが、僕の場合は足のつき方ですね。ハードコートの練習環境がないので、難しいのですが、普段の砂入り人工芝コートから意識して練習しています。

――「恐怖心をなくすことが大事」と話していましたが、ケガはしないのですか。

最初はひねることもありましたが、慣れですね。

――ケガのリスクは高くないのですか。

怖いですよ。それでも、届かないボールに届くようになるから。

――昔から滑っていたのですか。

数年前、楽天オープンで硬式テニスのガエル・モンフィスの試合を見たのがきっかけでした。滑ってボールをよく拾っていたんです。ハードコートで、おかしいくらいに滑っていました(笑)。当時、ソフトテニス界では見たことがなかったですね。

2010年の楽天オープンでガエル・モンフィス(Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)

――当時?

ソフトテニス界にもいるんですよ。2年前の世界選手権で対戦した中華台北の林佑沢選手。背は小さいのですが、うまく滑ってボールを拾っていました。

――身長が低いなりの工夫ですね。

そう。僕も含めて滑らないでボールに届けば、滑る必要はありませんから(笑)。


取材・構成◎杉園昌之 タイトル写真◎阿部卓功

>>船水颯人『JKTへの道』バックナンバーはこちら

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社