TOPICS
大会
2017.12.02

【ジュニアジャパンカップ写真】女子編・森本/吉田、貝瀬/元村、U-14のW美結etc.JJCでしか見られないペアショット

競技者育成プログラムStep-4第12回ジュニアジャパンカップ◎11/25-26宮崎県・生目の杜運動公園テニスコート他

関連キーワード:

11月25日(土)、26日(日)に2018年度の全日本アンダー選手を選考する『競技者育成プログラムStep-4第12回ジュニアジャパンカップ』が宮崎県宮崎市・生目の杜運動公園テニスコート他で開催された。

26日(日)のダブルスは抽選でペアを決定。ソフトテニス・マガジンのカメラマンが撮影したジュニアジャパンカップならではのペアショットをお届け。

【U-20】森合弥代(田村高)と福田茉畝(神戸松蔭女子学院大)の高校生&大学生ペア。福田は全日本選手権16強。決勝トーナメント1回戦で敗れた

【U-20】島津佳那(千代田女学園高)と土井あんず(三重高)の前衛ペア。島津は前日のシングルスで準優勝。ダブルスは決勝トーナメント1回戦で敗退

【U-20】片野理音(東北高)と保科葵(北越高)の高校生ペアは決勝トーナメント1回戦で森本/吉田の優勝ペアに敗れた

【U-20】加奈乃佳(指宿商業高)と山崎結貴(高岡西高)が決勝トーナメントに進出

【U-20】U-17の笠井菜々子(修大附鈴峯高)と全日本選手権8強の芝崎百香(ナガセケンコー)は決勝トーナメント1回戦で貝瀬/元村の社会人ペアに敗戦

【U-20】前日のシングルスで頂点に立った福田麗優(三重高)は小松芹奈(東北高)と組んでダブルス3位

【U-20】皇后杯3位の貝瀬ほのか(ヨネックス)と元村華楠(城山観光ホテル)。決勝では予選リーグで一度は破った森本/吉田に敗れて準優勝

【U-20】前衛同士で組み、積極的に前で戦った森本彩鼓(修大附鈴峯高)と吉田栞里(ヨネックス)がU-20女子ダブルスを制した

【U-17】シングルスVの竹田真樹(三重高)は平本茜里(相洋高)と組んで8強。4強決めで竹田は全中春夏連覇を成し遂げた元ペアの中野(/小松﨑)に1で敗戦

【U-17】インターハイ個人16強の中野舞(就実高)と同3位で団体優勝メンバーである小松﨑茉代(文大杉並高)のストローカーペアが3位

【U-17】齋木菜々花(昭和学院高)/西東彩菜(文大杉並高)の雁行陣ペア。決勝トーナメントで木村/原島、原口/岩浦ら強敵を制して4強入り

【U-17】前日のシングルス3位同士のW後衛・赤川友里奈(埼玉平成高)/前山愛(北越高)が力を見せて準優勝

【U-17】U-17女子ダブルスを制した雁行陣の木瀬晶絵(須磨学園高)/吉田澪奈(昇陽高)。吉田はインターハイ個人3位の前衛

【U-14】都道府県全中シングルス3位の高橋偲(胆沢中)と同団体3位の岸浦咲歩(友が丘中)が決勝へ

【U-14】前日のシングルス優勝の五十嵐美結(光が丘二中)とJOC杯シングルス3位の原田美結(追分中)。雁行陣のW美結がU-14女子ダブルスの頂点へ

写真◎上野弘明

 

ジュニアジャパンカップ ダブルスリポートはこちら

ジュニアジャパンカップ シングルスリポートはこちら

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社