TOPICS
大会
2017.12.17

【日本リーグ】NTT西日本が8連覇! 女子はヨネックスが昨年に続いて女王に

第35回日本リーグ◎12/15~17愛知県・スカイホール豊田

関連キーワード:

愛知県豊田市のスカイホール豊田にて行われた第35回日本リーグは、3日目の17日、男女とも全対戦が終了した。

男子の最終戦は、全勝のNTT西日本と5勝1敗のヨネックス。NTT西日本は天皇杯Vの水澤/村上がヨネックスの林田/髙月に敗れて先制を許したが、2番シングルスで船水雄太が桂拓也をG④ー1で一蹴して流れを引き戻す。3番勝負は大将の丸中/長江が鹿島/柴田を封じ、前人未到の8連覇を遂げた。

NTT西日本の堀晃大監督は「これまでで一番向かってこられる大会だったが、選手たちはやりづらさの中でよく辛抱してくれた」と選手を労いつつ、来年のアジア競技大会に向け「インドアやハードコートのサーフェスへのチャレンジの成果を、もっと発揮できるようにしたい」と決意を新たにした。

3日目のシングルス2戦全勝の船水雄太。ヨネックスとの最終戦では、あとがない中、序盤から徹底して攻め続けて流れを引き戻した

堀監督が大将と信頼を寄せる丸中(左)/長江が期待に応え、ヨネックスとの3番勝負を制して優勝を決めた

3日目に1番で登場したヨネックスの林田(左)/髙月。NTT西日本との最終戦で先勝してチームを盛り上げた

 

女子は、全勝のヨネックスと、3日目初戦でワタキューセイモアに黒星を喫して5勝1敗のダンロップが最終戦で激突。ヨネックスの森田/神谷がG④ー0で先勝すると、2番では1年目の貝瀬ほのかが、追いすがるダンロップの小谷菜津美を突き放して優勝を決めた。勝負はついたものの、ダンロップは3番で濱谷/大槻が一矢報いた。

ヨネックスは連覇の懸かった今大会に「向かってこられる中で、自分たちから先に向かっていく」と臨んだと松口友也監督は話した。キャプテンの神谷を中心に、選手もベンチも一体となり、見事に連覇を成し遂げた。

ヨネックスの大将・森田(右)/神谷は7戦全勝。元気よく声を出し、きっちり勝って1番の役割をまっとうした

1年目の貝瀬ほのかは初めての日本リーグも堂々とプレー。大会が進むごとに調子を上げて全勝を記録

ダンロップとの最終戦、優勝に王手を懸けヒートアップするヨネックスベンチ

大会を通して3番を務めた濱谷(左)/大槻。最終のヨネックス戦では濱谷のシュートがよく走り、大槻が深くスマッシュを叩いて1本返す意地を見せた

 

男子最終結果

男子3日目結果

 

女子最終結果

 

女子3日目結果

写真◎川口洋邦 文◎井口さくら 協力◎愛知県連盟

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社