TOPICS
プレー&コラム
2018.01.11

【上岡俊介&広岡宙②】天皇杯4強の理由は対応力「決められたことだけでなく、自分たちで考えてプレーできた」(上岡)

WEB連載◎インハイ準優勝・天皇杯3位、上宮高ペア対談②(全4回)

関連キーワード:

注目選手の対談シリーズに上宮高の上岡俊介/広岡宙が登場。上宮中で全中団体を2度制し、高1でインターハイチャンピオンに。最終学年の今季、ハイスクールジャパンカップのダブルス優勝&シングルス1位と2位、インターハイ団体3位&個人準優勝を果たしている。

10月の天皇杯では、史上4組目の高校生4強となった上岡/広岡。来春、大学進学と実業団入りを控える2人の対談第2は、あこがれの内本隆文らを破り、4強へと駆け上がった天皇杯を振り返る。

上岡俊介(写真左・上宮高3年)
うえおか・しゅんすけ◎1999年12月24日生まれ。和歌山県出身。身長178cm、右利き、後衛。和歌山LCC(小1)→上宮中→上宮高。2017年全日本U-17。2018年4月、同志社大進学予定。

広岡 宙(写真右・上宮高3年)
ひろおか・そら◎1999年6月2日生まれ。兵庫県出身。身長171cm、右利き、前衛。三田ジュニア(5歳)→上宮中→上宮高。2017年全日本U-17。2018年4月、日本リーグ8連覇中のNTT西日本へ。

内本/星野戦を乗り越えたのは大きかった

――今季の天皇杯は高校生ペアで4強入り。上宮の先輩・内本/丸山以来2年ぶりの快挙ですね。

上岡 男子では高校生の4強入りは4組目だそうです。

広岡 天皇杯は向かっていくだけでした。高校生の大会の方がガチガチに緊張します。

上岡 大雨の中での大会。僕はサービスが得意なので、前の方でレシーブを構えられていたら、「サービスエースを狙おう」と考えてました。

調子は悪くなかったんです。ただ、長身の相手が多くて。2日目の初戦は長野県の方で元韓国代表だった朴(相俊)さんのペア、2試合目は木更津総合高の平田(隼風)/高杉(龍二)、そして3試合目は内本(隆文)/星野(慎平)。

――そうそう、内本/星野(早稲田大)戦はヤマ場でしたよね。観る側にとっても、注目の一戦でした。

上岡 開始早々2ゲームを一瞬で取られたんです。内本さんの気持ちが伝わってきて、「これは本気だな」と感じました。

広岡 僕たちと対戦する前に、「第1シードだから負けられない」と内本さんが言ってました。

上岡 3ゲーム目のときに、すごく長いラリーをしたんです。そこから僕らのスイッチも入った感じで。流れも来たかなと。

広岡 その3ゲーム目のデュースで相手のスマッシュミスも2本あったりして。

上岡 序盤は「やばいな」と思っていたのですが、中盤は「行けるかも」と。この試合を乗り越えたのは大きかったです。

ただ、その後、ダブルフォワードのペアと対戦しましたが、試合でしか経験することができず。ダブルフォワード対策がまだまだだったかなと。それでも、対戦できたことがいい経験になりました。

天皇杯の8強決めで第一シードの内本/星野と対戦し、G⑤-3で勝利。準々決勝以降はNTT西日本のダブルフォワードペアとの対戦に。岩﨑圭/原侑輝を破るも、準決勝で水澤悠太/村上雄人に敗れた

広岡 僕も後ろに下がってプレーすることは嫌いじゃないので。前回の天皇杯でも稲積(京之介)/井口(雄一)と対戦しましたし。

上岡 雨が降っていたので、「広岡が前に出たら、僕も前に詰める」とかを考えていました。

広岡 国体以外の全国大会では、雨が降ると、ほとんどベスト4以上なんですよ、僕ら。だから、今回の天皇杯、正直、雨はチャンスだと思いました。

上岡 今回の天皇杯は対応力の面でよかったと思います。決められたことだけでなく、自分たちで考えてプレーできたかなと。

たまたまと言われないように、インドアも頑張ります

上岡 でも、少し残念な部分も…。女子は林田(リコ)/宮下(こころ)が優勝で…。でも、優勝しそうなプレーしてたもんな。ほかの男子選手も言っていました。

広岡 後ろから見てても、あの決勝の流れは、行きそうだなと。

上岡 林田さんの球が速かった。僕らのベスト4が薄れてしまって(笑)。あっ、でも嫉妬ではないですよ! すごいなと。

僕らも2学年上のウチマルと一緒に中高とプレーしてきましたし、大人の大会の方が燃えますよね。年が上の方たちと大きな差があるとは思ってないです。けど、その少しの差を埋めるのがこれからの課題ですね。だからこそ、頑張りたいです!

広岡 同学年に負けたくないのはもちろん、大人の方にも負けないようにしたいです。大人の選手の方が向かっていきやすい部分はあるので、のびのびとプレーして持ち味を出したい!

――それにしても、今回の天皇杯は厳しい環境の中での戦いでした。

上岡 靴、グリップ、ガットを毎試合変えていました。コンディショニングの大切さを痛感しましたね。でも、条件は相手も同じですから、どれだけ臨機応変に対応できたかにかかっているのかなと。

天皇杯は台風の接近により1日目、2日目が雨。3日目が延期。上岡/広岡は強い雨が降った2日目に準決勝進出を決めた

雨中のハイジャパで優勝(左は小牧幸二監督)。同じく雨のインハイで個人準優勝&団体3位と「雨」の大会は好成績を挙げている

広岡 雨の中では、どっちの前衛に決定力があるかという戦いなのかと。相手に取られる前に決めるんだ、と思って戦っていました。

後衛は雨だと、打ったら(強打したら)ボールが吹くじゃないですか。だから、最初は動かず、見させて。相手が打ったあとに動いてもとれるので、最後に動いて。やや後ろ気味のポジションでスマッシュを決めようと考えていました。

上岡 でも、晴れのときにも、勝ちたい(笑)。

広岡 ベスト4がたまたまと言われないように、このあとインドアもあるので、頑張りたいです!

 


取材・構成◎八木陽子 写真◎江見洋子、BBM

※第3回は1月18日に公開予定

上岡俊介/広岡宙が出場するインドア大会
※全日本選抜熊本大会とYONEXCUP 2017国際札幌大会はリンクをクリックすると別サイトに移動します。

1月14日(日)東京インドア@東京
2月4 日(日)全日本インドア@大阪
2月11日(日)全日本選抜熊本大会@熊本
2月25日(日)YONEXCUP 2017国際札幌大会@札幌

上岡俊介&広岡宙対談
第1回 内本/丸山はあこがれであり目標

>>対談シリーズ
上松俊貴&内田理久◎早稲田大ルーキー対談はこちら
林田リコ&宮下こころ◎文大杉並高V2ペア対談はこちら

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社