TOPICS
大会
2018.01.14

【東京インドア】男子・船水/上松、女子は高橋/半谷が制す! 上松、高橋/半谷は連覇達成!

ルーセントカップ第58回東京インドア全日本ソフトテニス大会◎1/14東京体育館

関連キーワード:
東京インドア男子優勝の船水颯人/上松俊貴(早稲田大)

インドア女王強し!

1月14日(日)に東京体育館で行われた『ルーセントカップ第58回東京インドア全日本ソフトテニス大会』。女子は昨年もインドアシーンを席巻した高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島)が林田リコ/宮下こころ(文大杉並高)をG⑤-1で破り、連覇を達成。男子は船水颯人/上松俊貴(早稲田大)が水澤悠太/村上雄人(NTT西日本)を2で退け、船水は初優勝、上松は連覇を飾った。

男子8組、女子8組が2ブロックに分かれてのリーグ戦、男子Aブロックは船水颯人/上松俊貴が全勝で、その船水/上松に敗れた水澤悠太/村上雄人が2位で通過。Bブロックは安藤優作/内田理久(早稲田大)が全勝の1位、篠原秀典/小林幸司(日体桜友会/ミズノ)が2位で準決勝へ。

女子Aブロックは皇后杯女王の林田リコ/宮下こころ(文大杉並高)が1位、2016年Vの神谷絵梨奈と森田奈緒(ヨネックス)が2位で続いた。Bブロックでは、女王・高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島)が力を見せつけ3戦全勝。植田幸寿保/石井友梨(ワタキューセイモア)が笠井佑樹/尾上胡桃(日本体育大)をファイナルで振り切って、準決勝進出を決めた。

林田/宮下vs植田/石井の女子準決勝は、林田組が4ゲーム先取されるも逆転勝利で決勝へ。高橋/半谷vs森田/神谷もファイナルまでもつれたが、高橋組が振り切った。皇后杯決勝と同一カードとなった女子決勝。高橋組は1ゲーム終了後、高橋が負傷でタイムを取るアクシデントもあったが、キレのいいカットサービスから攻めて高校生ペアを追い込み、G⑤-1で歓喜の連覇。皇后杯のリベンジを果たした。

船水/上松vs篠原/小林の男子準決勝は、G1-1から船水組が4ゲーム連取でダブルフォワードに勝利。水澤/村上vs安藤/内田は天皇杯Vの水澤組がG⑤-1で学生ペアを制した。決勝は船水/上松vs水澤/村上。グループリーグでも対戦し、船水組が勝利している。G2-2から船水の攻撃的なショットと上松のネットプレーで3ゲームを連取し、上松は史上初の高校生チャンピオンとなった昨年に続き連覇を達成。船水は初優勝を飾った。

 

男子準決勝

船水/上松 ⑤-1 篠原/小林
水澤/村上 ⑤-1 安藤/内田

男子決勝

船水/上松 ⑤-2 水澤/村上

女子準決勝

林田/宮下 ⑤-4 植田/石井
高橋/半谷 ⑤-4 森田/神谷

女子決勝

高橋/半谷 ⑤-1 林田/宮下

東京インドア結果

●男子
優勝:船水颯人/上松俊貴(早稲田大)
2位:水澤悠太/村上雄人(NTT西日本)
3位:安藤優作/内田理久(早稲田大)、篠原秀典/小林幸司(日体桜友会/ミズノ)

●女子
優勝:高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島)
2位:林田リコ/宮下こころ(文大杉並高)
3位:森田奈緒/神谷絵梨奈(ヨネックス)、植田幸寿保/石井友梨(ワタキューセイモア)

男子準優勝の水澤悠太/村上雄人(NTT西日本)

女子優勝の高橋乃綾/半谷美咲(どんぐり北広島)

女子準優勝の林田リコ/宮下こころ(文大杉並高)


取材・文◎内田麻衣子 写真◎井出秀人

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社