TOPICS
大会
2018.02.27

【選抜へ!②】オール1年のオールラウンドな山陽女子。選抜で「乗ったら怖い存在」に

アゼリアの注目チームをピックアップ②女子・山陽女子(岡山)

関連キーワード:

 3月28日から30日に開催される全日本高校選抜大会。昨年の選抜は、女子は、三重が優勝しているが、インターハイ、国体を制した文大杉並が3回戦で敗れていることからも、新チームでの戦いがいかに難しいかがうかがえるだろう。

 また、室内ならではの対応力が求められるのも選抜の難しさのひとつでもある。これを乗り越え、全国の頂点へ――。今年最初のビッグタイトルをめぐり、強豪チームの戦いはすでにスタートしている。

2年前の全中優勝メンバーを中心にアゼリアで4強

 今回は、選抜の前哨戦としても注目を集めるアゼリアカップで4強入りし、前年の選抜王者を3番勝負まで苦しめた山陽女子(岡山)をクローズアップする。

 アゼリアの準々決勝。室内慣れしたプレーを見せる東北(宮城)に対し、山陽女子は原田愛果/吉川友菜、長谷川憂華/立花さくらの1番、2番がともにG④-1で快勝。相手カットサービスに対し、ともにレシーブ後にダブルフォワードの陣形で応戦するなど、オールラウンドなプレーぶりが目を引いた。室内での試合でキーとなるカットサービスも効果的に使っていたのも印象的だ。

1年生後衛の長谷川憂華。2016年の全中では立花とともに個人と団体の2冠を成し遂げている ※写真はインターハイのもの

1年生前衛の立花さくら ※写真はインターハイのもの

 この2ペアに加え、準決勝で3番を担った井上望愛/杉山歌音、もう一人の登録メンバーである川原凪の全員が1年生というのが驚きだが、その大半が2年前の全中優勝メンバーと聞けば、この結果もうなずける。

 昨年のインターハイでは三重(三重)に敗れ、ベスト8。エースの長谷川/立花は、団体戦の前の個人戦でも16強入りを果たしているが、三重の大将ペア・竹田真樹/久保晴華に、1ゲームも奪うことができずに敗れたのは、苦い記憶として残っている。

「今、焚きつけているところ」

 インターハイでの力の差は、現状でどうなっているのか――。アゼリア準決勝では、「あえて長谷川/立花を、竹田さん(※1年生の藤城みちるとの新ペア)にぶつけにいった」と万治恭子部長は振り返る。

「まだまだ相手が一枚上でした。課題だらけ」と万治部長は現状の出来栄えを語ったが、手応えがなかったわけではない。

 注目の大将対決で、長谷川/立花は、G1-3と追い込まれながらも、コートを広く使ったプレーで挽回。前衛の立花が足を痛めるアクシデントに見舞われながら、1ゲームを返すと、その奮闘に続けとばかりに、続く2番の原田/吉川はG1-3から逆転勝利を果たした。

1年生前衛の原田愛果

アゼリアでは原田と組んだ1年生前衛の吉川友菜

 3番の井上/杉山はG2オールから接戦をものにできず、「いいプレーをしたあとのミスの仕方が悪く、乗り切れなかった」と万治部長は評したが、惜敗にも、その表情は明るく、収穫を手にしたのが見て取れた。

 オール1年生のフレッシュな顔ぶれで挑む選抜で、目指すは頂点。
「高校生の中ではまだまだ経験不足のところはあるけれど、乗ったら怖い存在だとは思う。そうなれるように、今、焚きつけているところです」(万治部長)

 のびのびと、そしてオールラウンドに早い展開でプレーする彼女たちの持ち味が発揮できれば、きっと選抜の上位争いの中でも面白い存在となるに違いない。

1年生後衛の井上望愛

1年生後衛の杉山歌音は修大附鈴峯中出身。2年前の全中では団体準優勝



文◎田辺由紀子 写真◎山田次郎

選抜へ!>>
①男子・南陽工業(山口)自信と課題を収穫に飛躍を目指す
②女子・山陽女子(岡山)選抜で「乗ったら怖い存在」に
③男子・高田商業(奈良)3本柱の成長で3連覇をねらう

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社