TOPICS
大会
2018.03.02

【選抜へ!③】悔しさも伸びしろに。高田商業、3本柱の成長で3連覇をねらう

アゼリアの注目チームをピックアップ③男子・高田商業(奈良)

関連キーワード:

 3月28日から30日に開催される全日本高校選抜大会。昨年の選抜を制したのは、男子は高田商業、女子は三重。連覇をねらう資格があるのは、この2チームのみ。特に、男子の高田商業は、選抜2連覇中、今年は3連覇をかけた戦いとなる。

残り1か月でインドアへアジャスト

 選抜の前哨戦ともいえる2月のアゼリアカップでは、高田商業は決勝に進出したものの、その決勝では、インターハイ覇者の羽黒に三番勝負の末に敗れ、準優勝。アゼリアでも昨年まで2連覇中だったため、連覇がストップする悔しい敗戦となったが、残り1か月で室内へのアジャストを図っていくはずだ。

 選抜、国体の2冠を果たした団体戦メンバーから、山根稔平や根本大地、阪本崚、北本達己、大橋和生といった3年生の主力が抜け、常勝チームの中心を担うのは、阪本とのペアでインハイ個人を制した2年生前衛の林湧太郎。

 その林は、同学年の下原涼太と新たにペアを組み、この二人が大将ペアとして新チームを引っ張っていく。

2年生後衛の下原涼太

昨年インハイ個人Vの林湧太郎。世代トップ前衛であり、高田商業の大将として高校ラストシーズンに臨む

 下原/林は、アゼリアカップでは準決勝まで3戦全勝。羽黒との決勝では、エース対決となった2番で、ファイナルにもつれる接戦の末に終盤の勝負所をものにできずに敗れ、肩を落としたが、下原が昨年負ったヒザのケガで練習量を積めず、ペアとしての連係もこれからということを考えれば、敗戦も今後の伸びしろと捉えることができるだろう。

 そのほか、アゼリアでは、昨年のインハイ個人8強の花岡忠寿/増田祐太、1年生の中別府凌/池口季将の布陣で臨んだ。中別府/池口は4戦全試合に出場し、全勝。花岡/増田は3番を担い、決勝でファイナル4-0までリードを奪う展開から逆転を喫し、悔しい敗戦を味わった。

2年生後衛の花岡忠寿。昨年のインハイ個人戦で8強入りを果たしている

2年生前衛の増田祐太。183cmの長身で昨年のインハイでは花岡とのペアで8強

順調に勝ち上がれば決勝で…

「チームとして十分な練習ができていないのが実情で、決勝もミスが多かった」と紙森隆弘監督は、現状のチームの完成度について語ったが、選抜に向けてはここから一気にギアを上げていく構えだ。

「メンバーもオーダーも、まだこれから変わっていく可能性もある」と、選抜への出場メンバーについては含みを残したが、春だけではなく、雪辱を期する夏に向けて、いずれにせよ上記ダブルス3本の成長は欠かせない条件となる。

 昨夏、インターハイでは準々決勝で羽黒と対戦し、3番勝負のG3-0から逆転負けを喫した悔しさは、エース・林も決して忘れてはいないだろう。すでに選抜の組み合わせは発表となっており、順調に勝ち上がれば、この両チームが当たるのは決勝戦。

 因縁の対決へ――。残された時間はあと1か月を切った。

1年生後衛の中別府凌。全日本U-17のメンバーでもあるレフティー

昨年のインハイ個人、アゼリアで中別府と組んだ1年生前衛の池口季将。全日本U-17メンバー


文◎田辺由紀子 写真◎山田次郎

選抜へ!>>
①男子・南陽工業(山口)自信と課題を収穫に飛躍を目指す
②女子・山陽女子(岡山)選抜で「乗ったら怖い存在」に
③男子・高田商業(奈良)3本柱の成長で3連覇をねらう

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社