TOPICS
大会
2018.03.06

【選抜へ!④】三重・竹田/藤城の新エースペアが好感触、連覇へのプレッシャーを力に変える

アゼリアの注目チームをピックアップ④女子・三重(三重)

関連キーワード:

 すでに組み合わせが発表となっている全日本高校選抜(3月28~30日開催)。女子は、昨年優勝の三重が第1シードとなった。連覇をねらう三重は、2月のアゼリアカップでは和歌山信愛に敗れ準優勝。それでも、新チームでの戦いに十分な手応えを得て、約1か月後の選抜へ臨む。

「強気なプレーができている」(村田監督)

 昨年選抜優勝、インターハイ準優勝の三重だが、新チームはそのメンバーから久保晴華、中別府瑞希、福田麗優、土井あんず、松永花緒が抜け、残ったのは2年生後衛の竹田真樹のみ。アゼリアカップに臨むにあたって、村田真紀乃監督は、「勝ち負けよりも、どれくらいできるかというところでアゼリアに来た」と語り、「初戦からよく勝ち上がっていったと思う」と一戦一戦勝利を重ねていった前哨戦を振り返った。

 須磨学園との初戦から決勝まで全試合で1番を務めたのは、エースの竹田と新パートナーの1年生前衛・藤城みちる。準決勝の山陽女子戦では2ゲームを奪われたものの、そのほか3試合では相手を0で圧倒。チームの核となる新ペアが、充実したプレーで選抜に向けて好感触を得ている。

昨年の選抜Vを経験している2年生後衛の竹田真樹。アゼリアでも貫録のプレーを見せた

1年生前衛の藤城みちる。竹田とのペアで存在感を示した

 2回戦、準決勝、決勝で2番を任された花尻風夏/髙場姫菜の2年生ペア、続く3番に登場した2年生の田川美怜と1年生の浪岡菜々美のダブル後衛ペアについても「いいものを持っている選手たち」と村田監督は評価する。

 花尻/髙場は準決勝、決勝と接戦を演じ、田川/浪岡は決勝進出をかけた緊張感のある一戦をものにし、「手応えがあった」と村田監督が評したのも頷ける内容だった。

 浪岡は準々決勝では、2年生の小竹花とのペアでもプレーしたが、小竹はメンバー変更での出場。竹田/藤城、花尻/髙場の2ペア以外に関しては、今大会に出場機会のなかった選手たちを含めた組み合わせの可能性もありそうだ。

「今年は雁行陣が1ペア、ダブル後衛が2ペアという構成ですが、後衛からも相手前衛にぶつけにいくような強気なプレーができている。ベンチからの指示をしっかり実行できるというところでも、手応えがありました」と村田監督は言う。

2年生後衛の花尻風夏

アゼリアでは準々決勝以外の3戦で花尻と組んだ2年生後衛の髙場姫菜

ダブル後衛から柔軟にフォーメーションを変えて攻撃

 組み合わせを変えたダブル後衛ペアだが、いずれもベースライン上のショットで相手前衛を攻撃するだけでなく、相手のカットサービスからダブルフォワードでプレーするなどフォーメーションの柔軟性を見せるなど、より早い展開でプレーしていたのも印象的だ。

「1学年上の選手たちがすごい成績を残しているので、プレッシャーがあるとは思いますし、勝ちたいという気持ちも大きいと思う。プレッシャーがプレーに影響するのではなく、勝ちたいという気持ちや周囲の期待を力に変えていければ」

 連覇がかかる選抜に向け、選手たちへかかる大きなプレッシャーを慮りながら、選手たちがそれを力に変えてくれることを村田監督は期待している。

2年生後衛の田川美怜。浪岡、髙場とのペアリングで出場

1年生後衛の浪岡菜々美

 


文◎田辺由紀子 写真◎山田次郎

選抜へ! バックナンバー>>
①男子・南陽工業(山口)自信と課題を収穫に飛躍を目指す
②女子・山陽女子(岡山)選抜で「乗ったら怖い存在」に
③男子・高田商業(奈良)3本柱の成長で3連覇をねらう
④女子・三重(三重)竹田/藤城の新エースが好感触

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社