TOPICS
プレー&コラム
2018.03.08

シノコバのインタビューに行ってきました!!!

【編集部こぼれ話】ソフトテニス・マガジン5月号に掲載です

関連キーワード:

壁ドン!?

2月25日のYONEX CUP 2017国際札幌大会を最後に、第一線を退いたシノコバこと篠原秀典/小林幸司(日体桜友会/ミズノ)のインタビューに行ってきました。2人の母校であり、篠原選手が女子ソフトテニス部のコーチを務める日体大での取材です。まずは表紙の撮影から。

「もっと近寄ってください」というカメラマンのリクエストに、篠原選手が一学年後輩である小林選手の肩をガバッと引き寄せて向かい合い、まさかの「壁ドン」な雰囲気に(笑)。スターの遊び心に一瞬で場が和みました。

レジェンドの2人は獲得タイトルもすごいです。国内だけでも…

篠原/小林
全日本社会人優勝4回(2007年、2009年、2010年、2014年)
天皇杯優勝3回(2011年、2012年、2015年)
全日本インドア優勝4回(2011年~2014年)
東京インドア優勝8回(2008年~2015年)

篠原秀典
全日本シングルス優勝1回(2005年)

ほかにインカレ、小林選手の全小個人などなど。全部聞きたいけど、それには誌面も時間も足りない…。日本代表を長きにわたり牽引していたシノコバには、国際大会を中心にキャリアを振り返っていただきました。

シノコバのラストインタビューはソフトテニス・マガジン5月号(3月27日発売)に掲載です。ソフトテニス界の未来、2人の今後についても聞いています。いま鋭意制作中ですので、しばしお待ちください。

取材終わりに、個人的にどうしても聞きたかったことが。Twitterに関して。アマチュアプレーヤーであり、企業の社員であったりもするソフトテニス選手のアカウントをRTしてもいいものかと不安があったのですが、篠原選手には快諾いただきました(小林選手は今のところTwitterをやられていないそう)。今後、積極的にRT、ファボって行きたいと思います(RTしてもいいよという選手の方は教えてください!)。

 


写真◎福地和男 文◎内田麻衣子

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社