TOPICS
大会
2018.03.22

【選抜へ!⑦】目標は夏の文大杉並、新生チームで春のチャレンジ

アゼリアの注目チームをピックアップ⑦女子・文大杉並(東京)

関連キーワード:

 3/28~30の全日本高校選抜大会まで1週間を切った。「選抜へ!」の最終回は2月の前哨戦・アゼリアカップで3位に入った文大杉並を紹介。

アゼリア敗戦に悔し涙

 昨年インターハイと国体を制して団体2冠を果たした文大杉並。高校生で皇后杯を制した絶対的なエース・林田リコ(東京女子体育大へ)と宮下こころ(明治大へ)のペアが抜けたが、昨年時点で林田と宮下以外は下級生が占めるメンバー編成で、実はほかのチームに比べて戦力がそれほど変わっていないのが特徴だ。

 しかし、2月のアゼリアカップでは、準決勝で和歌山信愛に敗れてベスト4。腕試し的な意味合いもある大会だったが、敗戦に涙を流す選手の姿もあり、その悔しさが伝わってきた。

 野口英一監督は常々、「目標はインターハイ」と言ってはばからないが、それでも新チームで臨む最初のビッグタイトルという意味では、選手にとって大きなチャレンジの場であることは間違いない。

 林田に代わり、チームの中心を担うのは、昨年の国体でもシングルスの重責を担った後衛の小林愛美。その小林は、1年生前衛の白﨑ひかると新たにペアを組み、アゼリアに臨んでいる。

2年生後衛の小林愛美。国体ではシングルスで優勝に貢献の強肩ストローカー

1年生前衛の白﨑。アゼリアは小林とのペアで出場

「今はいろいろと試しながら取り組んでいる時期」

  昨年、インハイ個人戦で小林とペアを組んだ1年生前衛の西東彩菜は、同学年の鈴木理奈と組む。昨年と同じペアリングとなったのは新キャプテンの前衛・原島百合香と1年生後衛の小松﨑茉代のペア。小松﨑/原島は、アゼリアで1番を担い、3戦全勝。和歌山信愛との準決勝では、相手大将ペアとの対戦でファイナルの接戦を制し、さすがのペアの完成度と勝負強さを発揮した。

 残り2ペアは、アゼリアの時点ではやや課題が見つかった部分もあった。小林/白﨑は準決勝でG0-3と追い詰められたところから挽回したものの、ファイナルで敗戦。昨年、インハイ団体と国体で組んだ鈴木/西東は、2試合に出場し、勝利を挙げられずに悔しさをかみしめた。

1年生後衛の鈴木。昨夏インハイは団体戦で西東と組み、決勝で3番勝負を制して優勝に貢献

1年生前衛・西東

 いずれも「ミスが多かった」と試合について野口監督は評価。さらに、ペアの組み合わせについても、技術についても、「夏のインターハイに向けて、今はいろいろと試しながら取り組んでいる時期」と、試行錯誤段階であることを強調する。

 インドアで行われる選抜に向けての準備は、いつもは屋外で練習を重ねる選手たちにとって、新たな技術を習得するチャンスでもある。カットサービス、カットサービスに対するレシーブ、そしてダブルフォワード……。

 それは、屋外のインターハイで頂点を目指すことを最大の目標としている文大杉並にとっても例外ではない。

 あす3月23日から行われる全日本私学大会、そして選抜は28日に開幕。昨年、16強に終わった強豪が、どのようなインドアでの戦い方を見せてくれるのか楽しみだ。

アゼリア全勝の小松﨑は1年生後衛

新キャプテンの2年生前衛・原島

 

文◎田辺由紀子 写真◎山田次郎

 

選抜へ! バックナンバー>>
①男子・南陽工業(山口)自信と課題を収穫に飛躍を目指す
②女子・山陽女子(岡山)選抜で「乗ったら怖い存在」に
③男子・高田商業(奈良)3本柱の成長で3連覇をねらう
④女子・三重(三重)竹田/藤城の新エースが好感触
⑤男子・羽黒(山形)経験値と総合力で初制覇をねらう
⑥女子・和歌山信愛(和歌山)「弱いから」から。最大限力を発揮
⑦女子・文大杉並(東京)目標は夏も新生チームで春のチャレンジ

注目の記事



映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』
ベースボール・マガジン社